• NEWS

“のぞく男”浅野忠信が『乱暴と待機』初日舞台挨拶をのぞき見!

2010年10月13日 13:48

『乱暴と待機』初日舞台挨拶に出席した、左から、山田孝之、小池栄子、浅野忠信、美波、冨永昌敬監督
『乱暴と待機』初日舞台挨拶に出席した、左から、山田孝之、小池栄子、浅野忠信、美波、冨永昌敬監督

劇団の主宰や小説家として幅広く活動中の本谷有希子による同名舞台劇を映画化した『乱暴と待機』の初日舞台挨拶が10月9日、テアトル新宿で行われ、出演者の美波、小池栄子、山田孝之と、冨永昌敬監督が出席し、それぞれが体験した、みっともなかったエピソードを披露した。

同作は、男女4人が織りなす滑稽な人間模様を描いた群像劇。2段ベッドが置かれた狭い部屋で共同生活を送る英則(浅野忠信)と奈々瀬(美波)。夜になると、英則は屋根裏から奈々瀬をのぞき、奈々瀬は、英則にのぞかせるという奇妙な関係を築いていた。やがて、近所に番上(山田)とその妻・あずさ(小池)が引っ越してきたことから、英則と奈々瀬の関係に微妙なズレが生じていく。

観客の歓声に包まれながら舞台に登場した4人が次々に挨拶をしていると、どこからか「なんで誰もおれのことをしゃべらないんだ?」との声が。出演者たちと観客がざわざわと騒ぎ立てる中、なんと海外での撮影のため欠席とされていた主演の浅野忠信がサプライズで登場。観客はもちろん、知らされていなかった監督とキャスト陣もこれにはびっくり! 小池に「かっこいい登場じゃないですか!」と言われた浅野は「驚いてもらえて嬉しいです。ずっとのぞいてましたよ(笑)」と笑みを浮かべた。

浅野を加えた5人は、今までに遭遇した“みっともなかった体験”を披露することに。浅野は「『劔岳 点の記』(09)の撮影の時に実際に山に登ったんですが、一般の方に見つかって『仲村トオルさんですよね?』って言われたんです。思わず“あ、あぁー”って言いながら握手しちゃいましたけど(笑)」と珍エピソードを明かすと、会場は大爆笑。それを受けた山田は「僕もそういう経験ありますよ」と乗っかり、「以前、京都で撮影があって、合間に京都の町を散歩していたんです。そのとき高校生が『あ!』って僕を見つけて、近づいてきたと思ったら『山田…タカオさんですよね?』と言われちゃって。僕も“あ、はい…”って握手しましたけどね(笑)」と、浅野と似た、せつないエピソードを披露。

一方、小池は「ロケ中、一般の方々の中に柴犬を連れたおじいちゃんがいたんですよ。それで、イヤらしい話ですけど好感度を狙って犬を触りにいったんです。そしたら思いっきり首を噛まれましたね。全然痛くない顔してその場を去りましたけど」と苦笑いをしていた。

原作は、人間が持つおかしさや悲しさを、暴力的かつ疾走感あふれるタッチであぶり出すのが特徴的な本谷有希子作品。冨永監督も「原作に負けてない自信がある!」と豪語している本作だが、その異質な世界観が本作ではどのように料理されているのかに注目せずにはいられない。原作を読んでから比較してみるのも一興だろう。【Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース