• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • YOSHIKI、ハリウッド映画への出演が緊急決定!テレビシリーズのプロデューサーにも挑戦
  • NEWS

YOSHIKI、ハリウッド映画への出演が緊急決定!テレビシリーズのプロデューサーにも挑戦

2019年1月25日 18:46

『xXx4(原題)』の音楽監督就任記者会見に出席したX JAPANのYOSHIKI

「ワイルド・スピード」シリーズなどで知られるヴィン・ディーゼルが主演を務める人気アクション映画「トリプルX」シリーズの最新作『xXx4(原題)』の音楽監督に就任することが先日発表されたX JAPANのYOSHIKIが、25日に都内で行われた就任記者会見に出席。会見の席でYOSHIKIは、音楽監督に加えて本作への出演、また併行して制作されるテレビシリーズ版のプロデューサーを務めることを明らかにした。

会見にはYOSHIKIを筆頭に、『ディスタービア』(07)や『イーグル・アイ』(08)などを手掛け、前作『トリプルX:再起動』(17)につづきメガホンをとるD・J・カルーソー監督と、アカデミー賞受賞作『レインマン』(88)や人気テレビシリーズ「ブレイキング・バッド」などを手掛け、本作のプロデューサーを務めるマーク・ジョンソンも出席。

長年多くのファンが待ちわびてきたX JAPANのアルバム制作に関して「自分にできる範囲のことは全部やった。世界的に発売したいと考えているので、いまは良いタイミングを見計らっています」と明かしたYOSHIKIは「これまではX JAPANのアルバムが仕上がるまで大きな仕事を引き受けていいだろうかという気持ちがあった。でもそれがひと段落して、是非やらせていただきたいと話をしました」と就任までの経緯を語り「『トリプルX』という作品に僕が参加して、Xが4つになってしまいましたね」とはにかんだ表情を浮かべた。

そんなYOSHIKIの長年のファンだったというD・J・カルーソー監督はオファーの理由について「パーソナリティや自然体な姿、そしてドラムやピアノを演奏しているときの雰囲気。いろんな感情やファッションを、音楽を通してこの映画に組み込んでくれるだろうとオファーしました」と明かし、「いまは確信しかありません。お互いに記憶と思い出に残る音楽をクリエイトして行ければいいなと思っています」と強い期待をのぞかせた。

さらに作品の見どころを熱弁したカルーソー監督は、本作がハリウッド映画としては類を見ない、映画と同時進行でテレビシリーズを制作する大きなプロジェクトであることを明かし「日本や中国など様々な国で世代を問わず、この世界観を味わってもらいたい。そしてYOSHIKIさんには音楽監督だけでなく、一緒にクリエイティブなことをしていきたい」とコメント。

その発言を受けてマイクを取ったYOSHIKIは照れくさそうに微笑みながら「いろんな流れが変わってきて、僕、映画にも出演することになってしまいました」と告白。会場から大きな拍手が沸き起こった。「もともと僕は音楽家なので興味がなかったのですが、もうどういうシーンを演じるかも決まっています。そして、これも急展開なのですがテレビシリーズでは音楽監督のほかにプロデューサーとしても加わっています」と明かした。

過去には12年のゴールデン・グローブ賞のテーマソングや、『ソウ4』(07)の主題歌を担当。ハリウッド映画で音楽を担当するのは『REPO!レポ』(08)以来10年ぶりとなる。会見の最後には今年8月から中国全土で公開される中仏合作の長編アニメーション映画『Spycies(原題)』でも楽曲提供と音楽総指揮を務めていることも発表。「このまま行くと、もう2つくらい…」と、今後さらに精力的に映画音楽を手がけていくことを予感させた。

取材・文/久保田 和馬

関連映画

関連映画ニュース

[c]2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.| [c]2018 「HURRY GO ROUND」製作委員会| [c]2016 PASSION PICTURES LTD.| [c]2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. ​