• TOP
  • ニュース
  • 俳優・玉森裕太が覚醒!? 『パラレルワールド・ラブストーリー』第2弾特報&場面写真が解禁
  • NEWS

俳優・玉森裕太が覚醒!? 『パラレルワールド・ラブストーリー』第2弾特報&場面写真が解禁

2019年1月23日 06:00

玉森も印象的なシーンとして挙げる最も重要な一場面
玉森も印象的なシーンとして挙げる最も重要な一場面[c]2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 [c]東野圭吾/講談社

これまで数多くの文学賞に輝き、多くの著書が映画化されてきた作家・東野圭吾のベストセラー小説を映画化した『パラレルワールド・ラブストーリー』が、5月31日(金)より公開となる。主演に玉森裕太を迎え、2つの世界が並行して進む異色のラブストーリーを描いた本作から、第2弾特報映像と初の場面写真が解禁された。

研究者の崇史(玉森)は、親友の智彦(染谷将太)に恋人を紹介される。その女性・麻由子(吉岡里帆)は、崇史が以前、密かに想いを寄せていた人だった。嫉妬に苦しむ崇史だったが、ある朝に目を覚ますと麻由子は自分の恋人になっていて、智彦は消えていた…。彼女は本当に自分の恋人なのか、それとも親友の恋人なのか。2つの異なる世界“パラレルワールド”に迷い込んでしまった崇史が愛と友情に翻弄されながら、真実を追い求めていく。

公開された第2弾特報では、異なる世界を示すように画面が2つに分断されており、1つの世界では崇史と麻由子、もう1つの世界では智彦と麻由子が、それぞれ恋人同士として同時に映し出され、パラレルワールドの世界に一気に引き込まれる映像になっている。特に、思いつめた表情を浮かべる崇史のラストカットは必見。 これまで見たことのないシリアスな表情は、本作で“俳優・玉森裕太”が見せる新たな一面を予感させるようだ。

あわせて、崇史の場面写真も初解禁。公開されたのは、玉森自身も印象的なシーンとして挙げる映画冒頭の電車でのカットだ。崇史が並走する別の電車に乗り合わせた麻由子とガラス越しに初めて出会うという運命のシーンで、「あのシーンですべて語られている映画だと言っても、過言ではない」と森監督が語るほど重要な場面だそう。

2つの世界が並行して進むなかで謎が謎を呼び、行きつく先に驚きの展開が待ち受ける『パラレルワールド・ラブストーリー』。5月の公開まで、今後の続報も期待して待ちたい。

文/編集部


関連映画

関連映画ニュース