• EVENT

どんな木村拓哉が見てみたい?長澤まさみが“朝ドラヒロインの父”と懇願

2019年1月18日 19:46

朝ドラ、伝説の寿司屋、IT社長…木村拓哉へのプロデュース案が続々!

東野圭吾作品「マスカレード」シリーズの第1作目を、木村拓哉主演で実写映画化した『マスカレード・ホテル』の初日舞台挨拶が1月18日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、木村をはじめ、長澤まさみ、小日向文世、渡部篤郎、鈴木雅之監督が登壇。本作で初の刑事役に挑戦した木村に対して、登壇者陣が「次に木村に演じてほしい職業、キャラクター」を提案した。

連続殺人事件を解決するためにホテルに潜入したエリート刑事・新田(木村)が、優秀なホテルマン・尚美(長澤)と共に、ホテルで巻き起こる難事件に挑む姿を描く本作。18日より全国349スクリーンで公開され、興行収入30億円超もねらえる好調なスタートを切った。主演の木村は「撮影自体は1年半前だった」と切り出し、「今日を迎えられて、すごく幸せです」と感無量の面持ち。豪華な俳優陣が顔を揃えた本作について「ガチ盛りの作品」と表現していたが、会場からは「次も観たい!」と早くも続編を望む声も上がっていた。

登壇者が「次に木村に演じてほしい職業、キャラクター」を発表することになったこの日。長澤が「悪い役を見たい」と話すと、会場からも大きな拍手。長澤は「木村さんって、スーパーマンみたいでなんでもできちゃう印象がある。逆を行くのはおもしろそう。全然いいところのないワル。いい人じゃダメ、とことん悪くないと」とイメージを膨らませた。

長澤には木村へのプロデュース案がいろいろとあるらしく、木村は「撮影中はずっと、長澤さんから『NHK朝のテレビ小説に出てくる、(ヒロインの)死んでしまったお父さんをやるべきです』と言われていた」と告白。「それを(長澤が演じる)尚美のフォルムのまま、まっすぐに見た状態で『やるべきです!』って説明された時に、『本当にやるべきなのかなあ』とちょっと考えました」と長澤の猛プッシュを振り返り、会場の笑いを誘っていた。

「具体的に考えてきた。うまくいけばフジテレビでドラマ化される」と切り出した小日向は、「寿司屋の職人」と回答した。「下町で慕われている寿司屋だけれど、月に1回、銀座の伝説の寿司屋になる。いいでしょ?僕は回想シーンで出る。木村くんに教える師匠」とちゃっかり自分も出演する予定とのこと。鈴木監督は「現代のIT社長で、タイムスリップして大正時代に行く」とプレゼン。木村は「プランが見えているのは、寿司屋」と小日向のアイデアに乗り気だったが、小日向が「角刈りにする必要があるかも」と話すと、「要相談」と楽しそうな笑顔を浮かべていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 [c]東野圭吾/集英社| [c]Beijing Galloping Horse ・ All Rights Reserved.| [c]2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 [c]東野圭吾/集英社| [c]2019映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 [c]東野圭吾/集英社| [c]2019映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 [c]東野圭吾/集英社| [c]2018「ラプラスの魔女」製作委員会