• EVENT

鈴木拡樹、甘酒で「刀剣乱舞、はじめよう!」廣瀬智紀は続編に期待

2019年1月18日 12:41

『映画刀剣乱舞』が公開スタート!“刀剣男士”が勢ぞろい
『映画刀剣乱舞』が公開スタート!“刀剣男士”が勢ぞろい

人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」の初の実写映画『映画刀剣乱舞』の初日舞台挨拶が1月18日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、鈴木拡樹、荒牧慶彦、北村諒、和田雅成、岩永洋昭、定本楓馬、椎名鯛造、廣瀬智紀、耶雲哉治監督が登壇。大ヒットを祈願し、“刀剣男士”のキャスト陣がそろって甘酒で鏡割りを実施。鈴木が「はじめよう!」と掛け声を発した。

本作は、名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を発端に、アニメやミュージカル、舞台など数々のメディアミックスを成功させ、2018年紅白歌合戦にミュージカル「刀剣乱舞」より“刀剣男士”が出演を果たすなど、大きな話題となっている人気コンテンツの初めての実写映画。

大歓声と共に迎えられた“刀剣男士”のキャスト陣。舞台に引き続き、三日月宗近役を演じた鈴木は「舞台に来たことがないという方にも、足を運んでいただけるような作品になっていたらうれしい。周りの方も巻き込んで『映画館で観ようよ』と言っていただけたらうれしい」とアピールした。

寒い時期の撮影では座長の鈴木がカイロやお菓子を配るといった、周囲への気配りを見せていたそうで、荒巻は「気配りの達人」と鈴木を絶賛。椎名は「拡樹に憧れて、拡樹と同じくらいの大きさのカバンを持って現場に行って、拡樹と同じくらいのお菓子を持っていった。でも、僕のお菓子はあまりもらってもらえなかった」としょんぼり。

丁々発止のやり取りで会場を盛り上げ、撮影中も「すごくいい時間を過ごした。毎日楽しかった」とチームワークのよさを見せつけたメンバーだが、廣瀬は「ギュッと関係性を築きあげられた」とニッコリ。「いまこうやって集まっても、3人集まれば“かしまし娘”みたいで」と独特の表現で絆を表現すると、周囲から「どうした!どうした!」とツッコミが入って、会場も大爆笑。廣瀬は「“かしまし娘”みたいに笑いの耐えない現場。また機会があって、新たな作品、続編が作られるようなことがあれば、よりギュッとなったチームワークが見られる。ウキウキワクワクします」と期待を寄せていた。

最後には、全員で鏡割りを実施。鈴木が「刀剣乱舞、はじめよう!」と声を発して甘酒で乾杯をしつつ、「ここからもう一段、二段と(映画が)成長するためには、観ていただいて、愛を持って育てていただければ」と訴えていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース