• EVENT

是枝裕和監督、柳楽優弥は「僕にとって特別な役者」愛弟子とのタッグに感慨

2019年1月17日 20:38

是枝裕和監督、西川美和監督の愛弟子がデビュー!

是枝裕和監督、西川美和監督の監督助手を務めた広瀬奈々子の監督デビュー作『夜明け』(1月18日公開)のトークイベントが1月17日に新宿ピカデリーで開催され、愛弟子のデビューを祝うべく是枝監督、西川監督が広瀬監督と共に登壇。是枝監督の『誰も知らない』(04)でデビューを果たした柳楽優弥が主演を務めており、是枝監督にとっては縁の深い本作。是枝監督は、柳楽について「僕にとって、特別な役者。冷静に見られない」と照れながら明かし、「自分の監督助手だった奈々子さんと優弥が、(広瀬監督の)デビュー作で会う。こんなに感慨深いことはない」と胸の内を語った。

本作は、是枝監督、西川監督が立ち上げた制作者集団「分福」が送りだす初めての映画監督となる、広瀬のデビュー作。柳楽を主演に迎え、シンイチと名乗る謎めいた主人公が自分と向き合うまでの道のりを描く人間ドラマだ。

広瀬監督が「柳楽さんと二人三脚で対峙しながら、話し合いながらやっていました」と主演の柳楽とのタッグを振り返ると、西川監督が「きっと是枝さんと仕事をされた時とは、変わっているんでしょうね」とコメント。『誰も知らない』から実に15年の月日が経ったが、是枝監督は「優弥?そうだねぇ…」と切り出し、「基本的には変わってないよね」と柳楽の印象を語った。

続けて「本人の個性、持っているものは変わっていないけれど、最近すごく演じることが楽しくなっているのを見ている」と柳楽の活躍に目を細めた是枝監督だが、「そもそも僕にとって、特別な役者だからさ。冷静に見られない。身内が大きくなって出ているような感じ。役者としては見られない存在」だそうで、「だからこそ、自分の監督助手だった奈々子さんと優弥が、(広瀬監督の)デビュー作で会うというのは、こんなに感慨深いことはない」としみじみと話していた。

西川監督は「伴走してくれるスタッフがいるというのは、とてもいいこと」と助手として広瀬監督がそばにいてくれたことで、大きな支えになったそう。そんな愛弟子のために、本作が完成するまでには是枝監督・西川監督もアドバイスを送ったというが、是枝監督は「広瀬さんはこれからも(映画を)撮り続けると確信している。これをスタートとして、顔や作品を覚えてもらって、彼女がどんなふうに成長していくのか暖かく見守っていただければ」と観客に訴えていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019「夜明け」製作委員会| [c] 2019「泣くな赤鬼」製作委員会| [c]2019「泣くな赤鬼」製作委員会| 写真:SPLASH/アフロ| [c]2018『万引き家族』 製作委員会| [c]空知英秋/集英社 [c]2018 映画「銀魂2」製作委員会