• TOP
  • ニュース
  • 趣味は男性器の撮影!エロ過ぎる写真コレクターがスクリーンに登場
  • NEWS

趣味は男性器の撮影!エロ過ぎる写真コレクターがスクリーンに登場

2010年10月7日 19:57

男性器の写真を撮るのが趣味という個性的な主人公を桜木凛が熱演
男性器の写真を撮るのが趣味という個性的な主人公を桜木凛が熱演[c]東京スポーツ新聞社/GraveGrinder/ティーエムシー

食玩やフィギュア、映画館の入場者プレゼントにお菓子の包み紙など、世の中には様々なコレクターがいるけれど、『官能コレクター』(10月8日公開)には、それらを超越したとんでもないコレクターが登場する。

本作に登場するのは、なんと男性器の写真コレクターなのだ! 主人公・野宮さぎりは“出会い系サイトで知り合った男性とラブホテルに入り、セックスをせずに男性器の写真を撮りまくる”という変わった趣味の持ち主。既に70枚を超す男性器の写真を集めており、公私共に順風満帆だった彼女だが、思わぬところに落とし穴が待ち構えていた、というエロス全快の本作は、東京スポーツ新聞社創刊50周年記念作品として、東スポ芸能携帯サイトに掲載された官能小説「コレクター」を映画化したものだ。

そんな本作で個性的なヒロインを演じるのは、テレビドラマ「嬢王Virgin」やバラエティ番組「おねだりマスカットDX!」でも活躍する、人気セクシーアイドルの桜木凛。男たちを誘惑する彼女のセクシーな魅力は、是非大画面で確認してもらいたい。

ちなみに本作は、映像だけでなく音響にもかなりのこだわりをもっている。劇中の随所に、桜木によるモノローグが入るのだが、それらには“バイノーラル効果”という特殊な録音方法が用いられており、あたかも耳元でささやかれているかのように聞こえるのだ。その甘いささやきが、エロティックなムードをいっそう盛り上げてくれることは間違いない。【トライワークス】

関連映画ニュース