• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 高良健吾の“色気”と“凄み”が半端ない!『多十郎殉愛記』ポスタービジュアルが完成
  • NEWS

高良健吾の“色気”と“凄み”が半端ない!『多十郎殉愛記』ポスタービジュアルが完成

2019年1月17日 12:00

平成最後のチャンバラ活劇!『多十郎殉愛記』ポスタービジュアルが完成 | [c]「多十郎殉愛記」製作委員会

「極道の妻たち」シリーズや「まむしの兄弟」シリーズなど、半世紀以上にわたり日本の娯楽映画を支えてきたレジェンド・中島貞夫監督が20年ぶりにメガホンをとった長編時代劇映画『多十郎殉愛記』が4月12日(金)より公開される。このたび本作のポスタービジュアルが解禁となった。

本作の舞台となるのは幕末の京都。借金から逃れるように脱藩し、京の都へ上洛してきた長州脱藩浪人の清川多十郎は大義も夢も持たない日々を過ごしており、彼に好意を寄せるおとよの想いにも気付かない。そんなある時、腹違いの弟・数馬が脱藩して兄のもとへやってくる。時同じくして町方からの注進で多十郎の存在を知った京都見廻組は、新選組に先んじて手柄を立てようと、多十郎の捕縛に動き出す…。

このたび解禁されたポスタービジュアルは、高良健吾演じる多十郎が胸元をあらわにし、襦袢1枚羽織っただけの姿で鋭い視線を放ち、今にも彼に向けられようとしている刀を睨みつける印象的な一場面を切り取ったデザインに。また、左下には多部未華子演じるヒロインのおとよ、木村了演じる弟・数馬、そして寺島進演じる最強の敵・抜刀隊隊長の蔵人の姿が。

現在84歳の中島監督がこれまでのキャリアで培ってきた映画への情念と、チャンバラ時代劇のノウハウを次世代へと継承していくことをコンセプトに制作された、一世一代の意欲作。平成という時代の最後の最後に銀幕の中で繰り広げられる壮絶な死闘から、片時も目が離せない!

文/久保田 和馬

関連映画

関連映画ニュース

[c]「多十郎殉愛記」製作委員会| 撮影/黒羽政士| [c] 2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会| [c]2019 三上康雄事務所| [c]2019「闇の歯車」製作委員会 写真:江森康之