• TOP
  • 映画ニュース
  • 25年ぶりの共演!スタローン&ラングレンが『エクスペンダブルズ』に込めた思いとは
  • NEWS

25年ぶりの共演!スタローン&ラングレンが『エクスペンダブルズ』に込めた思いとは

2010年10月11日 13:00

『ロッキー4 炎の友情』で死闘を演じたふたりが25年ぶりに共演!
『ロッキー4 炎の友情』で死闘を演じたふたりが25年ぶりに共演!

いよいよ公開が目前に迫ったアクション超大作『エクスペンダブルズ』(10月16日公開)。つい先日、監督・脚本・主演の3役を1人でこなしたシルヴェスター・スタローンと、大勢の登場人物の中でもひと際個性的な役どころを演じたドルフ・ラングレンが来日したことは記憶に新しい。今回、そんなふたりが監督と俳優という立場から、本作に込めたそれぞれの思いを語ってくれた。

まずスタローンは「これだけの人気スターたちをコントロールするのは、本当に大変だったよ。それぞれに特別な武器を持たせたり、見せ場を用意したりして、みんなの出番が平等になるように気をつけたんだ。編集の時も、そのバランス調整には気を遣ったね」と、豪華スター共演であるがゆえの苦労話を聞かせてくれた。

一方のラングレンは「彼は『Do it again!』がメチャクチャ多くて大変だったよ(笑)。今のは冗談だけど、僕が演じた役はエクスペンダブルズのメンバーの中で、一番問題のあるキャラクターなんだ。でもそういった役の方が演じていて楽しいし、ラッキーに思えるんだ」と、自身が演じたキャラクターに対する愛着を語った。

また、撮影時の集中方法について聞かれると、スタローンは「“何かをする時”というのは、その瞬間しかない。つまり全力を尽くさなければならない瞬間には、どんなに気分が落ち込んでいても、病気であっても、後になって悔やまないように全力で臨むべきなんだ。僕は常に、そういった気持ちで本番に臨んでいるよ」とコメント。ラングレンも「僕は極真空手をやっているけど、試合の時には、たとえ調子が悪くてもベストを尽くさなければならない。撮影の時もこれと同じで“とにかく全力でやる!”という気持ちで毎回、現場に参加するんだ」と語り、ふたりとも並々ならぬ気合を込めて、撮影に臨んでいたことを明かしてくれた。

『ロッキー4 炎の友情』(85)で初共演を果たして以来、実に25年ぶりの共演となるふたり。スタローンは「ユニークでハンサム、それでいてクレイジーな役もはまる俳優って、探してもなかなかいないんだ。この役を演じられる俳優は、ドルフ以外に考えられないね」と、ラングレンの演技を大絶賛。ラングレンも「『エクスペンダブルズ』の撮影は楽しかったけど、周りがすごいスターばかりだから、ヘマしないように毎日緊張しっぱなしだったよ。それと今だから言うけど、ギャラはもうちょっと欲しかったかな(笑)」とジョークを織り交ぜたコメントを返し、スタローンを笑わせていた。

そんな息もピッタリな2大スターが、ド迫力のアクションを披露してくれる本作。他のキャストもさることながら、ふたりの絡みに注目して見るのもおもしろいだろう。【トライワークス】

関連映画ニュース