• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 1月16日は“ヒーローの日”!MCU最新作は「アベンジャーズ」を操るあの男に注目!?
  • COLUMN

1月16日は“ヒーローの日”!MCU最新作は「アベンジャーズ」を操るあの男に注目!?

2019年1月16日 12:30

本日、1月16日は日本記念日協会によって認定された「ヒーローの日」…“1(ひ)1(い)6(ろ)”。いまではヒーローを題材にした映画がすっかり定着している日本では、2019年も多くの作品が公開待機中だ。昨今のマーベル人気を作ったといっても過言ではないのが『アベンジャーズ』シリーズ。今回はこの記念日を祝して、アベンジャーズの最重要人物ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)に注目してみたい。

ヒーローたちの父的存在のニック・フューリー(『アベンジャーズ』) | [c]2017 MARVEL

アイアンマン、キャプテン・アメリカ、マイティ・ソーらヒーローたちが一堂に会した夢のヒーローチームをまとめ上げている、言わば“アベンジャーズ”の父的存在であるニック・フューリー。かつてアメリカの諜報機関S.H.I.E.L.D.の長官として世界の平和を守ってきた彼だが、S.H.I.E.L.D.が悪の組織ヒドラに毒されていると判明すると、S.H.I.E.L.D.を事実上壊滅させ、またその後も秘密裏に活動を行なってきた。

アベンジャーズを参謀として影から支えるニック・フューリー(『アベンジャーズ』) | [c]2017 MARVEL

そして昨年公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、MCUではおなじみ、エンドロール後に流れるおまけ映像の、“ポストクレジット・シーン”に満を持して登場。全世界の生命の半分が消滅してしまうというサノスの“指パッチン”直後に、危機を察知し、小型の通信機を使ってどこかに信号を送ると、自身も消滅してしまう。この時に連絡を取ったと思われるのが、3月15日(金)に映画も公開となる“キャプテン・マーベル”だ。

『キャプテン・マーベル』は3月15日(金)より公開 | [c]Marvel Studios 2018

『キャプテン・マーベル』は、突如、空から落ちて着た記憶喪失の女性ヒーローが、身に覚えのない“記憶”のフラッシュバックに常に悩まされ、その記憶の秘密を徐々に解き明かしていくという物語だ。1995年を舞台にしており、アベンジャーズ計画に乗りだす前の若かりしころの姿で登場しているフューリーも、彼女の記憶を取り戻す手助けをする主要キャストとして登場する。

本作では、そんな彼がなぜアベンジャーズ計画に乗り出すことになったのか、敏腕エージェントのフィル・コールソンらの登場と共にそのきっかけが描かれるとされており、4月26日(金)公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』に向けても外せない1本。また彼のトレードマークと言えば、左目の眼帯だが、本作の時点ではまだつけておらず、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(14)で「信じていた男に片目を奪われた」と語っていただけに、本作でその経緯が描かれる可能性も高くなっている。

突如、空から落ちてきた女性の正体とは? | [c]Marvel Studios 2018

表で活躍するヒーローたちを陰で束ねる参謀役だったため、そのキャラクター像にあまりスポットが当たってこなかったフューリー。『キャプテン・マーベル』でいよいよその謎が明らかになるのだろうか…?来たる映画の公開を心待ちにしてほしい!

文/トライワークス


マーベル映画大特集「FUN! MARVEL FAN」でMCUの最新情報をチェック!


■『アントマン&ワスプ』
MovieNEX発売中 ¥4,200+税 デジタル配信中
ウォルト・ディズニー・ジャパン

関連映画

関連映画ニュース

[c]2017 MARVEL| [c]Marvel Studios 2018| [c]2019 MARVEL| [c]Marvel Studios 2019| [c]2018 MARVEL|  [c]Marvel Studios 2018| [c]Universal Pictures