• NEWS

松岡茉優がアニメーション映画初主演!原恵一監督の最新作、特報映像が完成

2019年1月08日 4:00

原恵一監督最新作『バースデー・ワンダーランド』の公開が決定! | [c]柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会

『映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』(01)やアヌシー国際アニメーション映画祭2015で長編部門審査員賞に輝いた『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』(15)など国内外から高い評価を獲得している原恵一監督の待望の最新作『バースデー・ワンダーランド』が4月26日(金)に公開されることが決定。このたび本作の特報映像が解禁された。

本作は「霧のむこうのふしぎな町」や「モンスターホテル」シリーズで知られる児童文学作家・柏葉幸子が80年代前半に発表し、世代を超えて愛され続けて累計発行部数50万部を記録したベストセラー「地下室からのふしぎな旅」を原作に、原監督のイマジネーションがふんだんに盛り込まれた“まったく新しい映像世界”。

自分に自信がない主人公・アカネは、誕生日の前日に突然現れた錬金術師のヒポクラテスとその弟子のピポに請われ、彼らの世界を救うために地下室の扉の先にひろがるワンダーランドへ連れ出される。見たこともないカラフルな世界を守る救世主となったアカネは、大冒険の果てに人生を変える決断を下すことに。

このたび特報として初解禁された本作の映像には、想像を上回る美しい世界が広がっている。その世界観を表現するキャラクター/ビジュアルアーティストはロシア出身の若手イラストレーター、イリヤ・クブシノブ。そして主人公のアカネの声優には『勝手にふるえてろ』(17)や『万引き家族』(18)の松岡茉優が抜擢。

一昨年の第30回東京国際映画祭で特集上映が開催された原監督は、その中で行われたトークショーで本作のイメージボードを公開。「異世界へやってきた少女が、いろいろな体験をする王道の冒険ファンタジーです」と明かし、自身初の本格ファンタジー作品への意気込みを語っていた。果たしてどのような魅力的な作品に仕上がっているのか、期待はふくらむばかりだ。


関連映画

関連映画ニュース

[c]柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会| [c]2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会| [c]臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日 2001| [c]2019映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会