• TOP
  • ニュース
  • 「アンブレラ・アカデミー」出演者が語る、有名原作との付き合い方
  • INTERVIEW

「アンブレラ・アカデミー」出演者が語る、有名原作との付き合い方

2019年1月5日 21:00

クラウス役のロバート・シーハンと、ディエゴ役のデヴィッド・カスタネダ
クラウス役のロバート・シーハンと、ディエゴ役のデヴィッド・カスタネダ

2月15日(金)より配信されるNetflixオリジナルの新シリーズ「アンブレラ・アカデミー」の詳細が発表になった。「アンブレラ・アカデミー」は、13年に惜しまれながら解散したロックバンド「マイ・ケミカル・ロマンス」のボーカル、ジェラルド・ウェイが07年に発表したコミックが原作となっている。本作は、妊娠の兆候もなく突然生まれた子どもたちのうち、7人を引き取った大富豪が、彼らをスーパーヒーロー兄弟に育て上げた後の物語を描く。それぞれ異なる個性とパワーを持つ兄弟には、エレン・ペイジ、「ゲーム・オブ・スローンズ」のトム・ホッパーらが扮する。

Netflixの新作発表イベントで行われたインタビューでは、ナイフ投げの名手であるディエゴ役のデヴィッド・カスタネダ、死後の世界の住人とコンタクトが取れる力を持つクラウス役のロバート・シーハンが役作りや原作との付き合い方について語った。エグゼクティブ・プロデューサーにも名を連ねるジェラルド・ウェイの原作については、参考にしつつも、意識しすぎないというスタンスを守ったと2人は語った。

成長したスーパーヒーロー兄弟をどんな運命が待ち受けているのか…
成長したスーパーヒーロー兄弟をどんな運命が待ち受けているのか…

デヴィッド・カスタネダは、原作の存在を知らなかったと告白し、「キャラクターの基本を理解するために原作をリサーチすることは必要だけど、それに固執してはいけない。そうすると、たくさんのチョイスに埋もれてしまって、このシーンにおいてディエゴがどうしたいかではなく、(原作者の)ジェラルドがどうしたかったのかを考えるようになってしまうから」と、彼なりの役作りのルールについて語った。また、彼が原作のなかで、最も参考にした点は、ディエゴの身体的な部分だったという。

「コミックのディエゴは、とても特殊なビジュアルで描かれているよね。まるで泥のような、強靭な存在に。それを模倣するというよりは、その存在感がどこから来るのか、どこにパワーの源があるのか、どうしたらコミックのようなポーズが取れるのか。そういったことを探ろうとした。身体的な準備をしながら、新しい特徴をつかんでいく作業は、とてもエキサイティングだったよ。あと、ディエゴには孤独なメンタリティがあるから、僕自身もあまり外食はせず、たくさん料理をするようになった。彼はナイフの達人なので、料理はいい役作りにもなったよ(笑)」とカスタネダは語る。

一方、クラウスを演じたロバート・シーハンは、「まず、スーパーヒーローの“スーパー”を取り除いて、ヒーローとはどんな人物かを考えた」と言う。「クラウスはある種、ヒーローならぬヒーローなんだ。幼いころにスーパーヒーローに仕立て上げられたものの、本来は犯罪と闘うようなキャラではない。消極的で非暴力的で、とても神経質で、すぐに人に共感してしまうような性分で、ヒーロー役としてはミスキャストでしかない。クラウスの役作りにおいては、いろいろなものを参考にしようとした。もちろん、背景を知り、キャラクターの基盤を持つ上で原作のリサーチは欠かせなかったけれど、自分でキャラクターを作り上げることが大切で、そこが演技の面白い部分だよね?クラウスがどんなキャラクターなのか、早い段階でつかんだとは思うけれど、撮影中にいろいろな即興の演技をしながら作り上げていったところもあるね」と思い返す。

関連映画ニュース