• EVENT

コスプレイヤーたちが美の競演! 平成最後の「コミケ」初日が大盛況

2018年12月29日 18:21

日本最大の同人誌即売会である「コミックマーケット95」が本日開幕した。約3万5000サークルの参加を見込む今回は、本日から31日(月)まで3日間の開催となり、開催時間は出展サークルが10時~16時、企業ブースが10時~16時(最終日は16時)、コスプレが10時~17時頃(最終日は15時45分頃)までとなる。

早朝の国際展示場正門駅は、歩けないほどの大混雑 | 撮影/黒羽政士

抜けるような晴天に恵まれた本日は、早朝から並ぶ参加者たちにとっても格好のコミケ日和となったようで、日照のおかげで例年より暖かいと感じる屋外に列をなした参加者の表情もいささか和らいでいるように見受けられた。

その天気の良さは薄着にならざるを得ないコスプレイヤーたちにも好都合だったようで、会場の至るところで、思い思いの衣装をまといながら笑顔を振りまいてくれた。

【写真を見る】平成最後のコミケに、美人コスプレイヤーが集結!【画像20枚】 | 撮影/黒羽政士

会場を見渡してみると、やはりコスプレでの人気は直近に新作が放送されていたり、劇場版が控えたりしているアニメキャラクターやゲームキャラクターが圧倒的。先ごろ、新作『氷結の絆』の製作が発表された「Re:ゼロから始める異世界生活」のラムとレム、19年秋に劇場版『冴えない彼女の育てかた Fine』の公開を控える“冴えカノ”から加藤恵、テレビアニメが先ごろ放送を終了したばかりの人気漫画「寄宿学校のジュリエット」からヒロイン、ジュリエット・ペルシアなどに扮したコスプレイヤーがひと際目を引く。

平成最後の「コミックマーケット95」が開幕! | 撮影/黒羽政士

そのなかにあって「コミケ95」の傾向と言えるのが、“ゼロ年代”キャラクターのコスプレだ。「涼宮ハルヒの憂鬱」「化物語」「けいおん!」「黒執事」など、現在も広く人気を集めつつも、コンテンツの流行開始から10年が経過したキャラクターのコスプレが非常に多く、“平成最後のコミケ”を象徴するような、ひとつの時代の総決算ともいうべき人気キャラクターたちの姿が印象的だった。

「コミックマーケット95」は明日、明後日の3日間、有明・東京国際展示場 (東京ビッグサイト)で開催される。

「Re:ゼロから始める異世界生活」のラム、レムに扮した、みのさん(@urisuke4_)、鶸さん(@mainmuun) | 撮影/黒羽政士

取材・文/編集部

関連映画ニュース

撮影/黒羽政士| [c] 2019 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!ムービー|  撮影/黒羽政士