• INTERVIEW

韓国時代劇×ゾンビ!? Netflixが放つ大作「キングダム」の現場に潜入

2019年1月7日 19:30

時代劇大作「キングダム」の現場に潜入!
時代劇大作「キングダム」の現場に潜入!

そのスケールの大きさゆえ、製作に約2年もの歳月を費やした韓国発のNetflixオリジナルシリーズ「キングダム」が、1月25日(金)より配信される。

全6話からなる本作は、李氏朝鮮を舞台に、本格時代劇とゾンビスリラーを組み合わせた野心作。王が病に倒れたといううわさが国を揺るがすなか、大流行の兆しを見せる不気味な疫病。王宮に渦巻く悪しき陰謀から民衆を救うため、王子である世子は国を脅かす疫病の調査に乗り出すが、やがて残酷な真実が明らかになってゆく…。

山中の広大なオープンセットで撮影が進められた
山中の広大なオープンセットで撮影が進められた

撮影現場に潜入したのは昨年2月。韓国・ソウルの厳しい冬の寒さを乗り越えたスタッフ・キャストは、いよいよ撮影の佳境を迎えようとしていた。

広大なオープンセットには、李氏朝鮮時代の衣装に身を包んだ多数のエキストラが行き交い、さながら城下の賑わいを見せる。本格的な時代劇として丹念に作りこまれた本作の世界観に“ゾンビ”を登場させるうえでどのような工夫があったのだろうか。本作の衣装デザイナーのクォン・ユジンはこう話す。

身分の差や環境の違いを衣装や小物で的確に表現する
身分の差や環境の違いを衣装や小物で的確に表現する

「彼らもゾンビになる前は人間だったわけですから、それが貧乏人だろうと金持ちだろうと“人間を描く”ということに意識を置きました。美しく穏やかだったキャラクターたちが人間性を失い、ゾンビへと変わり果てる一連の過程ですね。撮影スタッフは見事な仕事をしてくれて、映像の仕上がりにはとても満足しています。ゾンビは着替えるわけじゃないですから、彼らはゾンビになっても人間だった時に着ていた服をそのまま身につけているんです」。

美術監督のイ・ホギョンは「当時の下層階級の実生活を再現するべく努力した」とこだわりを明かす
美術監督のイ・ホギョンは「当時の下層階級の実生活を再現するべく努力した」とこだわりを明かす

また、美術監督のイ・ホギョンは、本作に登場するゾンビを「貧しく恵まれない生活を送る人々の象徴のような存在」と表現する。

「美術監督としては当時の下層階級の実生活を再現するべく努力しました。ゾンビの外見については、多くの歴史的資料を参照したうえで考えだしました。たとえば肌の色合いや髪型をはじめ、李氏朝鮮時代の人々の身体的特徴を参考にしています。庶民の生活は過酷でしたから、いまの人からしたらそもそもゾンビのように見えるかもしれないと思いました。それに加えて、鋭く尖った歯や血に飢えているといった伝統的なゾンビの特徴も強調したので、興味深いものに仕上がったと思います」。


関連映画

関連映画ニュース