• NEWS

ロシアで最も愛されている人形アニメ『チェブラーシカ』主題歌に木村カエラが決定!

2010年9月28日 13:07

『チェブラーシカ』の主題歌を歌うことが決定した木村カエラ。「やりたい!」と即決したそう
『チェブラーシカ』の主題歌を歌うことが決定した木村カエラ。「やりたい!」と即決したそう

ロシア生まれの大人気パペットアニメーション『チェブラーシカ』(12月18日公開)の主題歌に、木村カエラの新曲「orange」が決定した。

同作は、現代ロシアで最も有名な児童文学作家エドゥアルド・ウスペンスキーの原作を元に、『ミトン』(67)など人形アニメーションの世界的名作を生みだした巨匠ロマン・カチャーノフ監督が映像化したパペットアニメーション。ロシアでは1969年の公開以降、愛くるしいキャラクターが爆発的な人気を呼び、2004年アテネオリンピックからはロシア選手団のマスコットキャラクターとして起用されるほど、国民的映画として愛されている。日本国内でも2001年の初公開で話題となり、子供から大人まで数多くのチェブラーシカファンが増え続けている。

チェブラーシカのキーホルダーを買ったこともあるという木村は、今年4月に主題歌の依頼があると「大好きなキャラクターだったので『やりたい!』」と即決。実際に映画を見たうえで「小さなお子さんやお母さんや家族で見る人も多いんじゃないかな。小さなお子さんでもわかりやすい言葉や耳に残る繰り返しの音をサビ部分に入れられたら」と考え、時間をかけて作詞をしたそう。8月末にレコーディングを終えた同曲は、同作のエンディングに流れることになる。無事に楽曲が完成した木村は「『チェブラーシカ』の物語の中には、かわいらしさだけでなく、色々な意味が入っていることに気が付きました。主人公の謎のいきもの・チェブラーシカと登場するキャラクターがみんな独りぼっちだったり、チェブラーシカがオレンジの箱に入ってやって来たりと、どこか寂しげな世界観が私の中でとても引っかかりました」と作品の感想を述べ、「でも、『チェブラーシカ』では、それぞれ独りぼっちだけれど、大切な友達に出会い、そこから優しい心や楽しさといった温かい気持ちが生まれていくことが描かれています。大切に思う友達や近くにいる人たちの言葉や仕草や一緒にいる時間によって、自分の心が温かくなるということを詞に込めました」と楽曲への想いを語った。同作について「心が温かくなる映像がいっぱい詰まっていて、きっと見終わった後は、優しい気持ちになるはずです。私も心を込めて『チェブラーシカ』の世界観に合うような歌を作りました」と楽曲とともに作品をPRした。【MovieWalker】

関連映画

関連映画ニュース