• NEWS

“4番”の正体は橋本環奈だった!『十二人の死にたい子どもたち』でシリアス演技を魅せる

2018年12月23日 16:00

ついに“4番”の正体が明らかに!12名全員の顔がそろった本ポスター
ついに“4番”の正体が明らかに!12名全員の顔がそろった本ポスター[c]2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会


●橋本環奈コメント

ーー他の皆さんが発表されてから本日までどのような気持ちでお過ごしになられましたか。

「緊張しました。逆にここで私だって発表されてがっかりされたら辛いし…、いろいろ考えました。こういう出し方をしたことによって、『4番誰?』っていうことで、SNSでも盛り上がっていただいたみたいで、それがすごくうれしくて」

ーー普段から注目されている橋本さんと、今回演じられた役は少し似通っているところがあると思うのですが、台本を読んで感じられた印象を教えてください。

「4番のリョウコの役は、大人に囲まれて、言われるままっていうのが、わかるようでわからないというか。映画の中では、やっぱり女優っていうお仕事であったりとか、“秋川莉胡”としての見せ方として、やっぱり“秋川莉胡”のイメージが先行しちゃうっていうのもあると思うので、そういった悩みであったりをリョウコ自身は抱えていたんだろうなっていうことを深く考えてみたときに、全然自分にはない感覚が生まれてきた気がします」

ーー最近の『銀魂』や「今日から俺は。」のような、橋本さんの女優としての新しい魅力、コメディエンヌとしての一面も最近は注目されていますが、今回は一転、シリアスな役ですね。シリアスな役を演じるにあたってご準備されたことはありますか。

「素を出さないことですかね(笑)っていうのも違うんですけど。ここに集まってる人たちは、子どもたちはみんな、死が終わりじゃないって思っていると思うんですね。そういった題材のシリアスなものだったので、私自身も死について考えるというよりは、人生について考えるきっかけになった作品だなと思います」

ーー同世代の俳優、女優さん方による白熱の演技合戦も本作見どころの一つですが、共演者から刺激をうけられたことはありますか。

「めちゃめちゃ刺激受けました。ひとりが成長すると、相乗効果がすごくて、それこそ、同世代で集まることによって、そういった化学反応みたいなものが生まれてくるのを、堤さんが予想していたとするならば、怖いです(笑)。たとえばシンジロウ(新田真剣佑)が泣くシーンで、台本には泣くって書いてないのに、全員が泣いちゃったりとか、感情も感染していきました」

文/編集部


関連映画

関連映画ニュース