• TOP
  • ニュース
  • 『おにいちゃんのハナビ』で藤井フミヤ「主題歌にしてもらって縁を感じます」
  • NEWS

『おにいちゃんのハナビ』で藤井フミヤ「主題歌にしてもらって縁を感じます」

2010年9月27日 11:32

舞台挨拶に登壇した、左から、国本雅広監督、藤井フミヤ、宮崎美子、高良健吾、谷村美月、大杉漣
舞台挨拶に登壇した、左から、国本雅広監督、藤井フミヤ、宮崎美子、高良健吾、谷村美月、大杉漣[c]2010「おにいちゃんのハナビ」製作委員会

9月25日(土)に公開された映画『おにいちゃんのハナビ』の初日舞台挨拶が行われ、高良健吾、谷村美月、宮崎美子、大杉漣、国本雅広監督が登壇。そして、本作の主題歌を歌う藤井フミヤがスペシャルゲストとして登場し、会場を沸かせた。

上映後、高良は「自由に見て、自由に感じて欲しいです。僕はこの素敵な話を届けたかっただけなので、気に入ってもらえたらいろんな人に宣伝してこの映画を育ててください」と挨拶。続けて谷村が「この作品では学ぶことが多くて、思いやりとかを心がけようと改めて思いました。友達ともう一度見に来たいと思います」と語り、「まじめでしっかり者のふたりの母親ということで、ふたりに引っ張られてきました。現場でも人としてどんどん成長していくので、母親の気持ちがわかりました」と、宮崎がふたりの成長に目を細めた。また、大杉は「今回はこの映画のおかげで、一つ一つ、一人一人の思いが込められている花火や片貝のお祭りがあることを知りました。本当にこの映画に参加できて嬉しかったです!」と、本作への思い入れを語った。

国本監督は「スタッフ、キャストみんなで心を込めて作りました。たくさんの人に見てもらえればと願っています。今、花火を上げるとしたら日本全国の人に向けて“この映画を見て欲しい!”という思いを込めて四尺玉を3連発で上げたいですね」と、片貝まつりの四尺玉にかけて本作への意気込みをコメント。

そして、高良と同じ九州人である藤井は、「この曲を主題歌にしてもらって縁を感じています。映画が終わって、最後の最後の一滴まで、という気持ちで作りました。(高良と)すぐに距離が近くなったので、そのうちご飯でも(笑)! 今年の片貝まつりでも映画の成功とヒット祈願を込めて尺玉を8発上げました。あっという間でしたが、はかなさや夢を感じましたね」と曲に込められた本作に対する強い思いを語り、舞台挨拶を締めくくった。【MovieWalker】

関連映画

関連映画ニュース