• NEWS

『十三人の刺客』初日、役所広司たちが新人・窪田正孝の踏み台にされる

2010年9月25日 13:49

役所広司や山田孝之は窪田正孝の「踏み台にします」発言に爆笑

三池崇史監督が役所広司ら豪華キャストを迎えて放つ時代劇『十三人の刺客』の初日舞台挨拶が9月25日に有楽町のTOHOシネマズ日劇2で開催。役所をはじめ、山田孝之、伊原剛志、松方弘樹、市村正親、沢村一樹、高岡蒼甫、六角精児、波岡一喜、石垣佑磨、近藤公園、窪田正孝、三池監督と、総勢13人が登壇。緊張した窪田が、思わず珍発言をして、会場が大爆笑するというひと幕もあり、大いに盛り上がった。

『十三人の刺客』は、工藤栄一監督による1963年公開の同名時代劇を、キャストを新たにして挑んだ話題作。明石藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)の暴君ぶりに国の危機感を覚えた老中・土井(平幹二朗)が、御目付役・島田新左衛門(役所広司)に斉韶暗殺の密命を下す。立ち上がった新左衛門ら13名の刺客たちは、300人の圧倒的な敵勢力に立ち向かう。

主演の役所広司は「三池監督のもと、血まみれ、泥まみれで頑張りました」と充実した表情で挨拶。斉韶の側近、鬼頭半兵衛役の市村正親は「早くお金を払って妻と見に行きたいです。ここへきて、また惚れ直してくれるのではないかと」とおちゃめなコメントで会場を沸かせた。

日置八十吉役の高岡蒼甫も「間近で松方(弘樹)さんの殺陣が見られたのが大きかったです。役者として良い経験になりました」と語った。最後にマイクを取った小倉庄次郎役の窪田正孝は、緊張していたせいか「この作品を“踏み台”にしていきたいと。あれ? 踏み台!?」と、とんでもない失言をしてしまい、会場からどっと笑いが起こった。これには、役所や山田たちも大爆笑。

その後、13人全員が直径1mの特製だるまに目入れをして、ヒット祈願をすることに。それぞれが少しずつだるまの目に墨を入れていくが、まつ毛を書いたりとふざける者もいて、会場からクスクスと笑い声が上がる。役所は完成しただるまを見ながら「素晴らしいチームワークでしたね。みんな勝手で、結局、最後に監督がまとめるという」と苦笑い。

最後に、役所の掛け声のもと、観客たちと共に全員がフォトセッションを行なった。その際、役所は締めの挨拶でも、窪田の発言をチクリと刺すように「僕たちも窪田くんのいい踏み台になれればと」と言うと、これまた会場は大受けとなった。

三池監督は「本作を見て、自由っていいなと、前向きにとらえていただけると良いですね。週に1回は『十三人の刺客』を見て、リフレッシュしてください」とアピール。本作は、新左衛門による巧妙な戦略、13名の刺客たちの活躍、要塞と化した宿場町、ダイナミックかつ華麗な殺陣と、すべてにほれぼれれする快作となっている。これぞ、エンターテインメント活劇!と胸踊る映画なので、是非若い世代にも彼らが体現した古きよき“男道”をめいっぱい堪能してほしい。【Movie Walker/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース