• NEWS

来年4月公開、韓国版『いま、会いにゆきます』感動の予告編が解禁

2018年12月21日 10:00

愛しくも切なさを予感させるメインビジュアル | [c]2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

04年に竹内結子と中村獅童主演で映画化され大ヒットを記録した、市川拓司のベストセラー小説「いま、会いにゆきます」が、『Be With You 〜いま、会いにゆきます』という邦題で韓国映画化。19年4月5日(金)より日本公開が決定し、待望の予告編が到着した。

『私の頭の中の消しゴム』(05)のソン・イェジンが、14年ぶりの恋愛映画ヒロインを務めたことでも話題の本作は、韓国版ならではの要素やオリジナルエピソードも盛り込まれ、本国では公開からわずか15日で動員200万人を突破。韓国における恋愛映画では最速記録を打ち立てたという。また、ヒロインと恋に落ちるウジン役には、ドラマ「ごめん、愛してる」などで知られる実力派俳優ソ・ジソブ。その鍛え上げられた肉体美を封印し、親しみやすい笑顔で初の父親役に挑戦し、新たな魅力を開花させている。

夫ウジン(ソ・ジソブ)に「雨の降る日に、また戻ってくる」と信じがたい約束を残してこの世を去った妻のスア(ソン・イェジン)が、一年後の梅雨、この世を去る前と変わらない姿で現れる。だがスアは記憶をなくしており、ウジンが誰なのかさえ覚えていない。ウジンは自身のことを覚えていなくても、彼女がそばにいるという事実だけで幸せを感じる。スアは再会したウジンとの初めての出会い、初恋、初デート、様々な初めての幸せの瞬間の思い出を分かち合い、2人は再び恋に落ちるのだが…。

解禁された予告映像は、雨の日に訪れた奇跡を描くと共に、ときめく初恋のような気持ち、涙腺を刺激するせつなさを感じさせ、期待を煽る仕上がりになっている。また、あわせて到着したビジュアルは、雨の日のバスの中、後ろに座っているスアを振り向いて見つめるウジンの姿と、そのウジンを微笑んで見つめているスアの姿、そして「僕たちは、再び恋に落ちた――」というキャッチコピーで、切なくも心温まる純愛ストーリーを予感させる。

そしてこのたび、日本公開を記念して原作者の市川拓司先生よりコメントが到着。市川先生は韓国での公開当時からSNSを介して本作を応援しており、「韓国版でもこの母性の強さと慈愛をソン・イェジンさんが見事に演じて下さってます。いまは亡き母に『母さんのことをアジアの大女優さんが演じ下さったんだよ』と教えてあげたい」と、熱い思いを明かした。

『私の頭の中の消しゴム』を超える珠玉の純愛ラブストーリーが、時を経て誕生。12月22日(土)より、オリジナルプレゼント付きの前売り券が発売開始となる。

関連映画

関連映画ニュース