• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 大沢たかおが天才科学者に!『AI崩壊』賀来賢人、岩田剛典ら共演の大型プロジェクトが始動
  • NEWS

大沢たかおが天才科学者に!『AI崩壊』賀来賢人、岩田剛典ら共演の大型プロジェクトが始動

2018年12月17日 15:30

大沢たかお主演の近未来SF映画が始動!

『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)の入江悠監督と北島直明プロデューサーが再びダッグを組む、映画『AI崩壊』(2020年公開)の制作が決まり、主演を大沢たかおが務めることが明らかになった。

完全オリジナル脚本となる本作の舞台は、2030年の日本。医療・金融・交通・セキュリティなど、AIが国民の生活を支えるインフラとして欠かせない存在となっている“AI社会”。そんなある日、信頼していたAIが暴走、日本中を巻き込む、想像を絶する大惨事が発生する。

本作の主人公で、画期的なAIの開発者・天才科学者の桐生浩介を演じるのは、来年公開の日中合作映画『在乎你ツァイフーニー(邦題:逢いたい)』への出演や、ロンドン公演されたミュージカル「王様と私」で1人2役に挑戦するなど、活躍の場を世界に広げる大沢たかお。さらに賀来賢人、岩田剛典、広瀬アリス、三浦友和と、日本を代表する豪華キャストたちが競演する。

身の回りにはAI搭載の家電や通信システムがあふれ、AIという文字をメディアで見ない日はないほど関連ニュースがメディアをにぎわしている昨今。AIへの関心が高まるいまと地続きの未来、2030年には一体どんなAI社会が待っているのか…。

かねてより、近未来SF×クライムサスペンスという物語を夢見てたと言う入江監督は、本作について「人間とはなにか。生命とはなにか。文明とは。人間の仕事は減っていくのか。そして、私たちは人工知能の普及によって幸福になるのか。思弁的・哲学的な問いを内包しつつ、手に汗を握るノンストップ・サスペンス映画を作ります」と語った。

撮影は12月22日にクランクイン、2月下旬にはクランクアップを予定している。『22年目の告白―私が殺人犯です―』のスタッフが完全オリジナルストーリーで描く、日本中を揺るがすサスペンスとは。公開に向けて、続報も期待して待ちたい。

関連映画

関連映画ニュース

[c]2017 映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」製作委員会| [c] 2018 NORDISK FILM PRODUCTION A/S| [c]2018「ギャングース」FILM PARTNERS[c]肥谷圭介・鈴木大介/講談社|  撮影/植村忠透| [c]2018「パーフェクトワールド」製作委員会  [c]有賀リエ/講談社