• TOP
  • 映画ニュース
  • 山田涼介&芳根京子が広島弁に挑戦!“泣ける”と口コミ殺到の「記憶屋」映画化決定
  • NEWS

山田涼介&芳根京子が広島弁に挑戦!“泣ける”と口コミ殺到の「記憶屋」映画化決定

2018年12月15日 05:00

山田涼介、芳根京子ら実力派キャストが勢ぞろい!
山田涼介、芳根京子ら実力派キャストが勢ぞろい!

第22回日本ホラー大賞で<読者賞>を受賞し、累計発行部数35万部を超えた織守きょうやの小説「記憶屋」が、このたび実写映画化されることが決定。主人公をHey! Say! JUMPの山田涼介が、ヒロインを芳根京子が演じることが発表された。

本作は人の「記憶」をめぐるヒューマンラブストーリー。大学生の吉森遼一は、年上の恋人・澤田杏子と幸せな日々を送っていたが、プロポーズをした翌日から連絡が取れなくなってしまう。数日後に杏子に再会できた遼一だったが、彼女は遼一の記憶だけがなくなっていた…。にわかには信じることができなかった遼一は、都市伝説的な“記憶屋”がいることを知り、幼なじみの河合真希らとともに調べていくことに。

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(17)と『鋼の錬金術師』(17)で第91回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞に輝いた山田は、愛する人が自分だけの記憶を失った事実に戸惑いながら、消えた記憶の真実に触れる遼一という繊細な主人公に挑み、『今日も嫌がらせ弁当』(2019年夏公開)や『峠 最後のサムライ』(2020年公開)など話題作への出演が相次ぐ芳根は、幼なじみとして遼一と一緒に“記憶屋”探しを手伝い、遼一への想いを胸に秘める真希を演じる。2人の役柄は広島出身という設定で、全編広島弁でのセリフに挑戦するとのこと。

また、遼一の元恋人・杏子を演じるのは『鋼の錬金術師』で山田と共演し、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」では芳根と姉妹役で共演した蓮佛美沙子。そして遼一の大学の先輩で弁護士の高原智秋役には『空母いぶき』(2019年公開)も控える佐々木蔵之介。人気・実力・勢いすべて揃った俳優たちのアンサンブルに期待はふくらむばかりだ。

メガホンをとるのは『僕だけがいない街』(17)や『春待つ僕ら』(公開中)など、ジャンルを問わず緻密なヒューマンドラマを描くことに定評のある平川雄一朗監督。『記憶屋』は12月よりクランクインし、2019年1月下旬にクランクアップ予定。公開は2020年を予定している。続報に期待したい。

関連映画ニュース