• NEWS

岡崎京子からコメントが到着!『チワワちゃん』原作復刊&ポスター解禁

2018年12月14日 20:20

色彩豊かでエモさ溢れる本ポスター | [c]2019『チワワちゃん』製作委員会

「ヘルター・スケルター」や「リバーズ・エッジ」など、80~90 年代にかけて時代を代表する多くの人気作を手掛け、いまなお熱狂的な支持を受ける漫画家・岡崎京子。このたび、94年に発表された傑作を映画化した『チワワちゃん』(19年1月18日公開)から、ポスタービジュアルと原作者・岡崎によるコメントが到着した。

SNSが普及した現代の東京。ありったけの若さを謳歌する男女のグループ。そのマスコット的存在だった“チワワちゃん”が、ある日バラバラ遺体となって発見された。残された仲間たちが集まり、それぞれがチワワとの思い出を語りだすが、分かったことは誰もチワワの本名も境遇も本性も知らないままバカ騒ぎしたり、恋愛したり、エッチしたりしていたということだった。

チワワちゃんを取り囲む若者たちの回想を軸に進む本作。主人公のミキ役には、『愛の渦』(14)のヒロインで注目を浴びた門脇麦。チワワちゃんの元カレ・ヨシダ役には今注目の俳優・成田 凌、そのほか寛一郎、玉城ティナ、吉田志織、村上虹郎、と20代の実力派俳優が集結し、等身大の若者を熱演している。

解禁となったポスターは、若者6人のポートレートが大きく配置されており、Instagramの写真のように色彩豊かでオシャレな印象。この写真は、次世代のフォトグラファーとして「Numero TOKYO」「VOUGE GIRL JAPAN」などで活躍するタミー・ボルピが撮影したもので、各キャラクターの個性が際立つ仕上がりとなっている。

あわせて、本作をいち早く鑑賞した岡崎京子と、その弟である岡崎忠から本作へのコメントが到着。岡崎忠は、「二宮健監督が見事なまでに岡崎京子の世界観にご自身の情熱とスキルを最大限に乗っけて表現してみせた」と本作を絶賛。姉・岡崎京子についても「心の中までは理解することはできないが、岡崎京子がこの映画を非常に喜んでいたことは間違いなく理解できた。監督は間違いなく心の扉を叩いてくれたのだ。本当に有難いことだと思うし、これは彼女の作品に対する愛だとも思う」と、その思いを熱く代弁した。また、原作者・岡崎京子からは、映画を応援してくれるファンに向けて、自身がパソコンで書いたという「みんな、ありがとう」というメッセージが寄せられた。

さらに、映画の公開を記念して、原作が新たなカバーデザインで今月22日に復刊されることも決定。「チワワちゃん」を含め6編を収録した珠玉の短編集となっている。

岡崎京子の世界観を見事表現し、新たな青春バイブルとして蘇らせた本作。本人も喜んだというその仕上がりがますます気になる。

文/編集部

『チワワちゃん』岡崎京子
【収録作品】
LOVE, PEACE&MIRACLE-紙の上のスライドショウ-/夏の思い出/チョコレートマーブルちゃん/GIRL OF THE YEAR/チワワちゃん/空を見上げる-あとがきにかえて-/好き?好き?大好き?
あすかコミックスDX/A5判
定価:980円+税
発行:株式会社KADOKAWA

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019『チワワちゃん』製作委員会| [c]Kyoko OKAZAKI 1996| [c]2019「チワワちゃん」製作委員会| 撮影/黒羽政士| [c]Universal Pictures All rights reserved.