• EVENT

『グリンチ』初日舞台挨拶で大泉洋、杏の物欲にツッコミ「買いなさいよ!」

2018年12月14日 15:37

『グリンチ』の初日舞台挨拶に登壇したキャスト陣でフォトセッション

「ミニオン」などのイルミネーション・エンターテインメントによる長編アニメ映画『グリンチ』の初日舞台挨拶が、12月14日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、日本語吹替版キャストの大泉洋、杏、横溝菜帆、ナレーションを務めた宮野真守が舞台挨拶に登壇。クリスマス目前ということで、全員がクリスマスの願いごとを披露した。大泉は「『グリンチ2』を作ってください」と書いたオーナメントを手に「横溝ちゃんとまたNYのプレミアに行きたい」と語った。

大泉は「(グリンチ役の声優を務めた)カンバーバッチともう少ししゃべりたい」とのこと。「ただね、すばらしく完結しているから、ここから2を作るには、もう1回ひねくれなきゃいけない。次は強力な敵が現れ、『今度のクリスマスは俺が守る!』みたいなのがいい」とノリノリの様子だった。

杏は「ただの物欲になっちゃいました」と苦笑いし「いっぱい入るリュックサックが欲しい」と書いたオーナメントを披露。大泉は「買いなさいよ!」とツッコみ「だんなさん、持ってるでしょ。あんな大きなだんなさんなんだから」と杏の夫・東出昌大の名前を出し、会場は大爆笑となった。

横溝は「家族で旅行」と書くと、大泉はすかさず「自分のことしか考えてない」とまたツッコミを入れて笑いを取る。杏は「いいじゃないですか。私はただの私利私欲だから」と笑顔で大泉をさとした。

宮野は「大泉洋」と書いていて「大泉洋のセンスに感服いたします」と大泉の笑いのセンスを羨ましがった。「(イベントで)『僕がメリーと言ったら、ジェーンと言ってください』って(笑)。よく怖がらずに言えますよね」と感心する。

大泉は「あのあと、どれだけ映画会社に怒られたことか」と苦笑しつつ「あなたも侮れない。あなたのほうがおもしろい」と宮野を褒めたたえた。

本国アメリカではサンタクロースと並ぶほど、有名なキャラクターである「グリンチ」。映画は、クリスマスが大嫌いなグリンチが、町中からクリスマスにまつわるものを盗み出す。最後に、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにしかいないというベイビーグリンチがサプライズ登場し、キャスト陣に、かわいいクリスマスリースをプレゼントした。

取材・文/山崎 伸子

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018 UNIVERSAL STUDIOS| [c]Universal Studios.| [c] 2018 UNIVERSAL STUDIOS