• GOSSIP

やっぱり!メーガン妃、ワンショルダードレス姿がまるで女優!?

2018年12月18日 21:15

メーガン妃がファッションアワードにサプライズ登壇 | 写真:SPLASH/アフロ

ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催された英国ファッション協議会主催のブリティッシュ・ファッション・アワード2018に、メーガン妃がサプライズ登壇。またもや物議を醸している。

「British Womenswear Designer of the Year」を受賞したジバンシィのアーティスティック・ディレクターを務めるクレア・ワイト・ケラーを祝福するために登壇したメーガン妃は、引き詰めアップヘアに、黒いワンショルダーのシンプルなジバンシィのドレスとマッチングした黒いネイル、安価なイギリスのピパ・スモールのゴールドのイヤリングとバングルという超シンプルコーデ。終始笑顔でクレアを称える様子は堂々たるもので「女優であれば完璧な装い」と絶賛の声もあがっている。

しかし一方では、またもや英王室の掟破りのファッションをしていたという事実のみならず、メーガン妃の行動にもの申す人々が続出している。

それというのも、こういったセレブが集う場に登場し、最近肌の露出が日に日に増えているデコルテ全開のドレスよりはおとなしいデザインではあるものの「まるで女優のような装い」をし、さらにごひいきのデザイナーのサポートをしている点だ。折しもメーガン妃の元エージェントで親友と名乗る女性が、「メーガン妃は絶対に自分の思ったことをやり遂げる女性。いつか必ず女優に復帰する」と断言したばかりだったが、「この言葉がまさに現実味を帯びた」こと。さらに“キャサリン妃効果”や“メーガン妃効果”など、彼女たちが身に着けるものが世界中で大きな発信力を持つことは言うまでもないが、そういった立場でありながら、「公私混同も甚だしい」というのがその理由だ。

しかし、実際にクレアがインスタグラムに投稿していた、メーガン妃やロザムンド・パイクとのショットがインスタから削除されている一方で、英王室の公式サイトにはメーガン妃とクレアが抱き合っているインスタ写真が掲載されており、英王室の掟に背いていないことも証明されている。

それでも、黒ネイルや、終始お腹を押さえて幸せアピール全開だったことに不快感を覚える人たちが多かったようだが、今回の装いや振る舞いを見る限り、今や幸せの絶頂にいるメーガン妃にとっては単なる雑音に過ぎないのかもしれない。

NY在住/JUNKO

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ| 画像はGIVENCHY(@givenchyofficial) 公式Instagramのスクリーンショット | 画像はKensington Palace (@kensingtonroyal)公式Instagramのスクリーンショット