• GOSSIP

単独親権を失っても笑顔のアンジー、またもや一緒なのは実子3人だけ!?

2018年12月23日 18:15

アンジェリーナ・ジョリーのパパラッチ姿が物議を醸す | 写真:SPLASH/アフロ

離婚申請当初に主張していた単独親権を失い、ブラッド・ピットとの2年以上の離婚バトルに終止符を打ったアンジェリーナ・ジョリーが決着後、初めて公の場に。子供たちと楽しそうに、ロサンゼルスのショッピングモールでクリスマスの買い物をしている姿をパパラッチされているが、今回も一緒だったのは実子の3人だけだったことで、ちょっとした物議を醸している。

アップにしたヘアスタイルにサングラス姿のアンジェリーナは、今回もインナー、パンツ、コート、パンプス共に全身真っ黒。またブラピに生き写しでハンサムすぎると話題のシャイロ(12)も、全身真っ黒でママとコーデしており、相変わらずハンサムな出で立ちは健在だ。

その2人と一緒に歩いているのは、ジーンズに紫色の半袖のTシャツを着たヴィヴィアン(10)と黒いズボンにグリーンの長袖のTシャツを着たノックス(10)だけで、今回もザハラ(13)の姿は見られない。

アンジェリーナは、11月初めには長男のマドックス(17)が韓国の大学に行く準備として、次男のパックス(15)も連れてソウルを訪れているためマドックスが不在なのは納得だが、先月も公の場に現れた際に一緒だったのは、シャイロとヴィヴィアンとノックスだけ。

8月以来ザハラと一緒にいるところを全く見かけないことから、「ザハラとパックスは今ブラッドのところ?」「ザハラが心配」「この組み合わせが気になる」「実子とそうじゃない子供を分けているの?」「考えすぎでは」といったさまざまな声が。また相変わらずノックスとヴィヴィアンはほとんど笑顔が見られないことから、「今回の離婚劇の影響を大きく受けているのではないか」と感じている人たちも多いようだ。

一方のアンジェリーナは吹っ切れたのかカラ元気なのか、とても楽しそう。またシャイロも歯列矯正用ブリッジが丸見えなほどの笑顔を見せており「心から笑っている感じ」「パパに心置きなく会えるようになったのは、とても嬉しいと思う」「本当によかった」といった声が多数寄せられている。

NY在住/JUNKO

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ| 写真:SPLASH/アフロ | 写真:アフロ