• GOSSIP

007最新作、お蔵入り解除? 来夏にも製作再開か

2010年9月18日 14:16

ジェームズ・ボンドが帰ってくる? | [c]GLOBE PHOTOS/AFLO

MGMの財政難問題で製作が無期延期されていた007シリーズの23作目が、来夏にも撮影開始の見通しが出てきたと映画情報サイトDeadline.comが伝えている。

ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグも、製作の先行きが不透明なために監督を降板していたサム・メンデス監督も復帰することになるそうだという。

MGMは金融機関に債務支払い期限を10月末まで延期してもらったことを明らかにしたばかりで、「株主利益の最大化をはかり、長期的戦略の見直しを行っている我が社の継続的努力をサポートするため、債権者はこの行動を取った」という声明を発表している。

MGMの負債は37億ドルとも噂されており、007シリーズだけでなく、『The Hobbit』(『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚)製作も同社の財政難の影響を受けていたが、イアン・マッケランが最近、『The Hobbit』の撮影は来年1月に始まるかもしれないと語ったばかりだ。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連映画ニュース