• NEWS

『君に届け』が完成!爽やか三浦春馬が好みのタイプを語る

2010年9月15日 20:57

『君に届け』を熱くアピールする多部未華子と三浦春馬

若い世代から圧倒的に支持されている人気コミックの実写版映画化作品『君に届け』(9月25日公開)の完成披露試写会が、9月15日に水道橋のJCBホールで開催された。主演の多部未華子、三浦春馬、蓮佛美沙子、桐谷美鈴、夏菜、青山ハル、熊澤尚人監督が登壇。爽やか青年・風早翔太役を演じた三浦春馬は、好みの女性のタイプを語り、会場は騒然となった。

原作は、累計1400万部を突破した椎名軽穂の同名人気コミック。「貞子」とあだ名をつけられた内気な女の子・黒沼爽子が、不器用ながらも少しずつ友情や初恋を育んでいく健気な姿が、多くの人々の共感を呼んでいる。

爽子役の多部未華子は、プレッシャーを感じながらも乗り切れたのは、「爽やかNo.1の三浦春馬くんのおかげです」と、三浦に感謝の気持ちを伝えた。熊澤監督も「素晴らしい俳優陣のおかげで、素晴らしい映画ができあがりました」と、手応えたっぷりにコメント。

舞台挨拶の途中で、会場にはバルーンで作られた気球が登場。その気球の箱には「届け!想い」キャンペーンで一般公募した手紙17,000通の中から、多部と三浦が選んだ2通の手紙が入っていた。ふたりは情感をこめて、愛する人に向けられた手紙を読み上げ、観客の心をがしっと鷲づかみに。その後、好きな女性像について聞かれた三浦は、「爽子ちゃんみたいな子。黒髪でロンゲで、一日一善をモットーにしてるようなすごく良い子。親にも思いやりを忘れず、すごく感動屋のところがいいなって」と語ると、会場からキャ~ッ!と歓声が上がる。

その後、多部は、本作をこうアピール。「私はもちろん、キャストも、携わったみんなが大好きな作品になりました。私も、みなさんにとってもキュンキュンする風早くんをご覧ください。本当に幸せです」。三浦春馬も、熱くこう語った。「この映画は、思いやりからできているんじゃないかって思えるくらい、思いやりの形が見え隠れしている映画。この作品や漫画を見て、いい気持ちになって、相手のことを思いやれば、それが友情でも恋愛でも、すごく良い方向に絶対に行くと思うので、みんなの手に心に『君に届け』が届いてくれるように祈ってます」。

最後に、flumpoolが登場し、主題歌「君に届け」を熱唱。歌に感動した多部は「初めて聴いた時、すごく力強くて、爽子ちゃんを後押ししてくれる曲だなって。生で聴いて、胸がいっぱいで」と、感激で震えた声で語ると、会場から「かわいい!」という声援が!

届けたくてもなかなか伝えられない思いの数々に胸がキュンとなる『君に届け』。青春時代ならではの繊細なきらめきが映し出された本作を見れば、誰もが心洗われること請け合いだ。【Movie Walker/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2010映画「君に届け」製作委員会 [c]椎名軽穂/集英社| [c]2011「東京公園」製作委員会| (C)椎名軽穂・集英社/「君に届け」製作委員会