• EVENT

小芝風花、大阪人らしいおちゃめなクリスマスの思い出を披露

2018年11月26日 17:06

小芝風花とガリットチュウ福島がイベントに登壇

ディズニー映画『くるみ割り人形と秘密の王国』(11月30公開)の公開を記念したプレミアムイベントが、11月26日にセント・ラファエロチャペル銀座で開催され、主人公クララ役の声優を務める小芝風花が、紫のドレスをまとって登場。ステージではモノマネ芸人の福島善成(ガリットチュウ)が、小芝にサプライズでくるみ割り人形になりきって兵隊たちと共に登場し、小芝を驚かせた。

小芝は「ビックリしました!」と目を丸くしたあと「衣装もお顔も1人だけテイストが違うなと思っていました」と大ウケだった。福島は「人形のモノマネなので、人形になりたいと思ったらこうなっちゃいました」と甲高い声を出し、会場は大爆笑。続いて、福島にエスコートされた小芝が、一緒に華麗なダンスを披露した。

踊り終えたあと、小芝は「ありがとうございました。すごく心臓がドキドキしています。本当にプリンセスになれた気分」と興奮しながらも、福島を見て「真顔で見つめられるとすごくおもしろくて」と笑いを堪えきれない様子。福島は「本当に幸せ。小芝さんみたいにかわいい人と踊れるなんて」と大喜びだった。

また、クリスマスの思い出を聞かれた小芝は、家族とのパーティでの大阪人らしいおちゃめなエピソードを披露。「クリスマスパーティーの罰ゲームで、まゆ毛をつなげたり、ハゲヅラをかぶったりして、家族全員で変顔メイクをして出かけたことです。私はいまだにたまに変なメイクをしちゃったりしてます」。

福島は「息子にクリスマスプレゼントはなにがいい?聞いたら、息子がプリペイドカード5000円分と。小学校5年生ですが」と苦笑いして、笑いを取った。

『くるみ割り人形と秘密の王国』は、不朽の名作「くるみ割り人形」を、ディズニーが実写映画化したファンタジー。愛する母を亡くし、心を閉ざしたクララが、“花の国”“雪の国”“お菓子の国”“第4の国”からなる秘密の王国に迷い込む。

取材・文/山崎 伸子

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.| [c] 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.