ケラリーノ・サンドロヴィッチの劇団が市川崑の『黒い十人の女』を舞台化! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2010/9/15 6:00

ケラリーノ・サンドロヴィッチの劇団が市川崑の『黒い十人の女』を舞台化!

映画監督としても活躍するケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が、主宰する劇団ナイロン100゚Cで、市川崑監督の名作『黒い十人の女』(61)を初舞台化することが決定し、コメントを寄せた。

ナイロン100゚Cは、ロックバンド「有頂天」のボーカリストだったKERAらを中心に活動していた劇団健康を前身として、1993年に結成。所属俳優を主要な役柄に当てるとともに、客演として舞台や映像作品で広く知られる俳優なども多く交えつつ、近年は年1、2本の公演を行っている。

上演台本、演出を手がけたケラリーノ・サンドロヴィッチは、「クリアできないだろうとあきらめていた『黒い十人の女』。イチかバチかの交渉に賭けてみたところ、まさかの許諾をいただけた。夢のようだ。映画とは一味も二味も異なるだろうナイロン版『黒い十人の女』にご期待あれ!」と、初の映画作品舞台化を心から喜んだ。

女優陣の層の厚さと演技力には定評があるナイロン100゚Cだか、今回、どんな客演(未定)を迎え、どんな作品に仕上がるか、大いに期待が高まる。【MovieWalker】

■NYLON100゚C 36th SESSION『黒い十人の女~version100℃~』
オリジナル脚本:和田夏十(映画『黒い十人の女』市川崑監督)
上演台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
公演日程:2011年5月20日(金)~6月12日(日)予定
会場:青山円形劇場
出演者:みのすけ、峯村リエ、松永玲子、村岡希美、新谷真弓、植木夏十、安澤千草、廣川三憲、藤田秀世、吉増裕士、皆戸麻衣、眼鏡太郎、他新人劇団員及びゲスト(予定)
チケット発売開始:2011年3月予定