• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 高杉真宙、加藤諒、渡辺大知がMIYAVIとの乱闘シーンを激白「恐竜みたいでした」
  • EVENT

高杉真宙、加藤諒、渡辺大知がMIYAVIとの乱闘シーンを激白「恐竜みたいでした」

2018年11月23日 12:22

『ギャングース』でトリプル主演を務めた高杉真宙、加藤諒、渡辺大知

漫画・肥谷圭介×ストーリー共同制作・鈴木大介による青春漫画を実写映画化した『ギャングース』の初日舞台挨拶が、11月23日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、高杉真宙、加藤諒、渡辺大知ら主演の3人をはじめ、豪華キャストと入江悠監督が登壇。高杉は「劇場を出る時に、見える世界が変わってくれていたらうれしいです」と本作をアピールした。

高杉は、犯罪集団の少年たちを通して、社会の貧困問題にメスを入れた本作の内容に衝撃を受けたそうだ。「僕の知らなかったことがこんなにあったのかと。僕らはそれを伝えられる職業だからこそ、必死に演じました。自分の衝撃を映画でみなさんに知っていただけるよう努力しました」と熱い想いを口にした。

舞台挨拶に登壇したのは高杉たち3人のほか、林遣都、山本舞香、篠田麻里子、MIYAVI、入江悠監督の8名。MCは、マツコ・デラックスのモノマネで知られる北条ふとしが務めた。クロストークでは、詐欺組織のオーナー・安達役を演じたMIYAVIの存在感に圧倒されたという高杉たち。加藤は「MIYAVIさんはオーラがすごくて、安達そのものでいてくださった。恐竜みたいでした」と興奮しながらコメント。

MIYAVIは3人と乱闘するシーンについて「彼ら3人が真っ直ぐにぶつかってくれたので、彼らの心の骨をどうやって俺が折るかが、肝だと思っていました。現場に入ったら役になり切りました。また、タケオがなにげに力が強かったのでけっこう痛かった」と、タケオ役の渡辺を見て苦笑い。

渡辺は「すいません。MIYAVIさんの思いがほとばしってまして、自分も気持ちで負けちゃいけないなと思って。僕たちを鼓舞してくれました」とMIYAVIに感謝する。MIYAVIも渡辺について「僕たちはミュージシャンなので、セッションしている感じでした」とうれしそうに語った。

『ギャングース』は、犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちの物語。窃盗団の情報収集・標的選定担当のサイケ役を高杉真宙が、工具全般担当のカズキ役を加藤諒が、車両・機動担当のタケオ役を渡辺大知が演じた。

取材・文/山崎 伸子

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018「ギャングース」FILM PARTNERS [c]肥谷圭介・鈴木大介/講談社| [c]2019 PROJECT SBD‐NEO| [c]2018「ギャングース」FILM PARTNERS[c]肥谷圭介・鈴木大介/講談社| [c]2018「ギャングース」FILM PARTNERS [c]肥谷圭介・鈴木大介/講談社