• EVENT

『ファンタビ』最新作ついに公開!エディ&ジュードらがはっぴを着て大はしゃぎ

2018年11月23日 10:24

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の初日舞台挨拶が開催
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の初日舞台挨拶が開催

“ハリー・ポッター魔法ワールド”最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の初日舞台挨拶が、11月23日に丸の内ピカデリーで開催され、エディ・レッドメインたち豪華キャスト6人が登壇。エディは「コンニチハ!」と元気に日本語で挨拶をし、会場を沸かせた。6人は名前入りのはっぴで、鏡開きを行った。

登壇したのは、エディ・レッドメイン(ニュート役)、ジュード・ロウ(ダンブルドア役)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ役)、アリソン・スドル(クイニー役)、ダン・フォグラー(ジェイコブ役)、クローディア・キム(ナギニ役)の6名だ。エディは「今日は勤労感謝の日なのに、私たちと一緒に時間を過ごすという選択をしてくださって、心から感謝いたします。日本のファンの皆さんは一番情熱的で本当にすばらしい方々。魔法ワ-ルドのファンのなかでも一番だと思います」とファンにうれしい言葉をかける。

本作の見どころについて聞かれたジュードは「一つだけ?いっぱいありすぎて困ってしまうよ。そうだな、すごくいい演技をしているヤツがいる。ベイビーニフラーだ」と、魔法動物をピックアップ。「前回は黒だけだったと思うけど、今回は茶色、白、グレーのニフラーが出てきて、とにかくかわいい」と、メロメロの様子だった。

その後、それぞれが青いはっぴをプレゼントされて大喜び。アリソンは「はっぴを着られてうれしいわ」と大はしゃぎ。キャサリンも「鏡開きはやったことがないの。今回は、プロのみんなを真似てやってみたいわ」と笑顔で語った。

続いて全員が木槌を手に鏡開きをし、会場を熱気に包んだ。最後にジュードが「世界中をキャンペーンで回って、東京が最終地点だ。日本の方々のすばらしい文化、和食、人々の温かい歓迎ぶりに心から御礼を申し上げたい。そして、絶対にまた日本に戻ってきます」と締めくくり、割れんばかりの拍手に包まれた。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の主人公は、エディ・レッドメイン演じる魔法動物学者のニュート。彼が強大な敵、“黒い魔法使い”グリンデルバルドが逃げ出したことを知り、ダンブルドア先生とタッグを組んで、仲間や魔法動物(ビースト)たちと共に、パリの魔法界へと向かう。

取材・文/山崎 伸子

関連映画

関連映画ニュース