横澤夏子「主演女優です」の挨拶だけで爆笑ゲット!「笑っていただけてありがたい限り」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2018/11/23 16:01

横澤夏子「主演女優です」の挨拶だけで爆笑ゲット!「笑っていただけてありがたい限り」

お笑いタレントの横澤夏子が映画初主演を務めた『えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~』の初日舞台挨拶が11月23日に有楽町スバル座で開催され、横澤をはじめ、緒形直人、児玉宜久監督が登壇。「主演女優です」とご満悦の表情で挨拶した横澤だが、会場からはざわつきと共に笑い声が。横澤は「主演女優っていうだけで笑っていただける。ありがたい限りです!」と語り、大きな拍手を浴びていた。

福井県のえちぜん鉄道でアテンダントをしていた嶋田郁美のノンフィクション「ローカル線ガールズ」にヒントを得て、制作された本作。東京から故郷にUターンする主人公・いづみが、家族と人生の再出発を果たす姿を描く。主演へのオファー当初は「ドッキリだと思った」という横澤だが、この日は劇中衣装のアテンダントの制服姿で登場。「朝昼晩、福井県のボランティアの方たちがご飯を作ってくださっていた。撮影時は3、4キロ太っていた」とおいしい差し入れを食べ過ぎたことを告白し、「今日はスッキリと着られました。よかった」と制服にも愛着たっぷり。

初主演を果たし、横澤が「だいたいヒロインの取り巻きのブス役が多い」とこれまでの出演歴を振り返ると、児玉監督は「主演女優としては、イチかバチかでした」と本音をポロリ。横澤は「皆さん、ギャンブルを楽しんでいらっしゃる?大きくギャンブルに出ましたね」と驚いて会場も大爆笑だったが、児玉監督は「うまくいった」と横澤の女優ぶりに太鼓判を押していた。

横澤演じるいづみの血のつながらない兄役を緒形が担った。横澤は「楽屋などでもたくさんお話しせていただいて」と絆を育んだそうだが、劇中で演じる兄妹がぎくしゃくした関係にあることから「いざスタートがかかると、一気に怖くなっちゃって。本当に嫌われているのかと思うくらい!」と本番での緒形の変身ぶりにびっくり。「緒形直人さんの演技を間近で見られるなんて、すごい経験」と目を輝かせていた。

緒形は「バトルのシーンもあったけれど、迫力がある。妹というより、弟のよう」と横澤の熱演を絶賛。「一生懸命やっていて、監督と主演女優の息もぴったりだった。女優さんとしてもやりやすく、またぜひお願いします」と再共演を望み、横澤も「ぜひバラエティ以外で!いろいろなところで言ってください」と大感激だった。

取材・文/成田 おり枝

関連作品