吉田修一の傑作を映画化した『楽園』に、柄本明、村上虹郎らが参加決定! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2018/11/23 9:00

吉田修一の傑作を映画化した『楽園』に、柄本明、村上虹郎らが参加決定!

『悪人』(07)、『怒り』(14)など著作が映像化されてきたベストセラー作家・吉田修一の新たな傑作が『楽園』として映画化される。すでに綾野剛、杉咲花、佐藤浩市ら主要キャストが明らかになっている本作から、追加キャストが発表となった。

ある夏の日、青田に囲まれたY字路で幼女誘拐事件が起こった。未解決のまま住民の胸には罪悪感だけが残り、事件直前まで被害者と一緒にいた紡(杉咲花)は心に深い傷を負った。それから12年後、再びそこで2つの悲劇が起こる。少女が行方不明となり、町営住宅で暮らす豪士(綾野剛)が容疑者として疑われた。追い詰められ街へと逃れた豪士は驚愕の行動に出る…。そしてY字路に続く集落で暮らす養蜂家の善次郎(佐藤浩市)は、村おこしの事業を進めていたが、話のこじれから村中の非難を受け、村八分状態に。善次郎は狂気に陥り、恐るべき事件へと発展。被害者の親友だった少女、容疑者の青年、限界集落で暮らす男。それぞれの人生が交錯するとき、物語は衝撃のラストを迎える。

発表された追加キャストも豪華面々。幼女誘拐事件の被害少女の祖父・藤木五郎役に、日本を代表するベテラン俳優・柄本明。紡に想いを寄せる幼馴染・野上広呂役に、注目の若手俳優・村上虹郎。そして、善次郎の身を案じる女性・久子役に片岡礼子、豪士の母・中村洋子役に黒沢あすか、五郎の妻・藤木朝子役に根岸季衣、善次郎の亡き妻・田中紀子役に石橋静河と、個性溢れる役者陣が揃った。

プロデューサー・二宮直彦は、キャストについて「皆さん思い描いたイメージでベストな方と考えた」と語っており、映像化には高い期待ができそうだ。本作は、『アントキノイノチ』(11)や『64-ロクヨン-』(16)で高い評価を受けた瀬々敬久が監督を務める。




衝撃のサスペンス大作『楽園』の魅力を、多彩な記事で深堀り!

関連作品

  • 怒り

    3.8
    33
    吉田修一の小説を映画化、逃亡中の殺人犯と周囲の人間を描くミステリー
  • 64-ロクヨン- 後編

    3.6
    22
    未解決の少女誘拐殺人事件を追う刑事を描く横山秀夫の小説を2部作で映画化した後編
  • 64-ロクヨン- 前編

    3.9
    15
    未解決の少女誘拐殺人事件を追う刑事を描く横山秀夫の小説を2部作で映画化した前編
  • 悪人

    3.8
    3
    「フラガール」の李相日監督による、妻夫木聡が犯罪者に扮する人間ドラマ