• TOP
  • ニュース
  • 夏帆「すべてさらけだすつもりで」やっと巡り合えた作品で初体験!
  • EVENT

夏帆「すべてさらけだすつもりで」やっと巡り合えた作品で初体験!

2018年11月15日 19:42

夏帆、シム・ウンギョン&箱田優子監督と映画への愛を告白!
夏帆、シム・ウンギョン&箱田優子監督と映画への愛を告白!

TSUTAYAが主催する映像企画とクリエイターの発掘プログラム「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018(TCP)」の最終審査会&新作製作発表会が11月15日に恵比寿ザ・ガーデンホールで行われ、「TCP2016」の審査員特別賞受賞作品『ブルーアワーにぶっ飛ばす』(2019年公開)に出演する夏帆とシム・ウンギョン、箱田優子監督が登壇。夏帆が「初めてロケハンに参加した」と撮影場所を探す作業も共にしたことを明かし、「いま自分が一番やりたかった役にやっと巡り合えた。すべてをさらけ出すつもりで撮影に臨んだ」と初体験できただけでなく、運命的な作品に出会えたと語った。

TSUTAYA CREATORS' PROGRAMは、年齡や性別、プロ・アマを問わず、“良質な映画企画=名作のタネ”を募集する企画コンペ。本コンペより、これまでに中江和仁監督『嘘を愛する女』(第1回グランプリ)、片桐健滋監督『ルームロンダリング』(第1回準グランプリ)の2作品が全国公開されている。

「TCP2016」の審査員特別賞受賞作品『ブルーアワーにぶっ飛ばす』は、仕事にも人生にもぼやいてばかりの30歳の砂田(夏帆)が、祖母を見舞うため、友人(シム)と共に大嫌いな地元・茨城に帰る姿を描く物語。2年前に同じ場所で受賞を果たした箱田監督は「昨日ここに立っていたような感覚」と感無量の面持ち。夏帆は「初めてお会いした時に、私とすごく似ているなと思った。箱田さんの視点や感覚にすごく共感ができた」と監督に絶大な信頼を寄せ、「この監督だったら一緒に戦えると思った」とニッコリ。シムも「監督に寄り添ってもらって、心強かった。おもしろい人」と日本語で監督の印象を語っていた。

夏帆は「ロケハンから参加した。初めてのロケハン。監督の実家に行って、監督のご両親に挨拶して、監督の地元をまわった」と製作の初期段階から関わったそうで、「砂田という役が大好き。いま自分が一番やりたかった役にやっと巡り合えたと思った」と告白。「そんな役に巡り会えることはそうそうないこと。すべてさらけ出すつもりで、撮影に臨みました」と女優としても大きな転機となったことを明かすと、箱田監督は「泣いちゃうぞ」と大感激。「仕上がったものを観客として観て、本当におもしろいと思った」と自画自賛し、「この機会をいただき、監督にしていただいて感謝いたします」と本企画にお礼を述べていた。

この日は、「TCP2016」準グランプリ作品『ゴーストマスター』(2019年公開)のヤング・ポール監督、制作を担当した厨子健介プロデューサーも出席。また「TCP2018」のグランプリは、本年度の該当はなし。準グランプリに堀江貴大の『先生、私の隣に座って頂けませんか?(仮)』、大川五月の『妊娠してる場合じゃないの!(仮)』、審査員特別賞には塩田悠地の『Mirror Mirror(仮)』が輝いた。特別審査員を務めた女優・南果歩は「ぜひ映画として観たい作品」と受賞作を称えていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画ニュース