• EVENT

大泉洋、バナナを手に猛クレーム!「ものすごい小ボケかまされた」

2018年11月12日 20:19

大泉洋、マイクではなくバナナを持って登場!

大泉洋主演で渡辺一史の書籍を映画化した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(12月28日公開)の完成披露試写会が11月12日に丸の内ピカデリーで開催され、大泉をはじめ、高畑充希、三浦春馬、渡辺真起子、竜雷太、綾戸智恵、佐藤浩市、原田美枝子、前田哲監督が登壇。マイクを手にしてメンバーがステージに続々と上がったが、大泉の手元にあったのはマイクではなく“バナナ”。大泉は「ものすごい小ボケをかまされました。上がる時に渡されたのは本物のバナナ」とボヤキ節全開で、舞台挨拶冒頭から会場の爆笑をさらった。

本作は筋ジストロフィーにかかりながらも、自由きままにワガママに生きた鹿野靖明と、そんなまっすぐな生き方をする彼に会って変わっていく人々の人生を描いた人間ドラマ。実在の人物・鹿野を、同じ北海道出身の大泉が演じている。

バナナを手にステージに上がったが、挨拶するとなるとすぐに本物のマイクを手渡された大泉は「このタイミングで代えられるなら、いらないボケ。バナナを持ってしゃべり出すくらいのことは考えていた」と戸惑いまくり。「それならば」とばかりにスタッフが再びバナナを差し出すと、「このタイミングはもっとわからないぞ!なんだ君!名前はなんて言うんだ!」と怒りのコメントを放ち、会場も大爆笑。大泉は「小ボケにはじまったイベントですが、大変緊張しております。鹿野さんのわがままが、観終わった皆さんにどのように思われるのか楽しみです」と気を取り直して、観客に語りかけていた。

また映画タイトルとかけて、撮影時に「〇〇なのに、〇〇かよ」と思ったことを発表することとなったこの日。大泉は「ランニングなのに、止まるのかよ」と回答。役柄上、太るわけにはいかなかったためにダイエットをしていたそうだが、「ランニングをしていると、春馬くんも走りたい、高畑さんも走りたいとのことで、みんなで走っていた」とのこと。

しかし「高畑さんは10メートルくらい走ると、止まる。ランニングなのに、止まるのかよ!」とそんな高畑のペースに合わせるが大変だったといい、これには高畑も「すいませんでした!」と謝罪。「マイペースなランニングにお二人が付き合ってくださった。ものすごく優しいです!」と大泉と三浦に感謝していた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会| [c]2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会| [c]2018 UNIVERSAL STUDIOS