• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 平成ライダー劇場版本予告衝撃解禁!「自分がテレビ番組だった」ことにライダー本人が絶句!?
  • NEWS

平成ライダー劇場版本予告衝撃解禁!「自分がテレビ番組だった」ことにライダー本人が絶句!?

2018年11月13日 8:00

平成の終わりと共に、その歴史に幕を閉じる「平成仮面ライダー」シリーズ。時代の節目を飾るのにふさわしく、歴代20作品の仮面ライダーが勢ぞろいする『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』(12月22日公開)の本予告が、この度解禁された。しかし、これがなんとも衝撃的な内容となっているのだ…!

「クウガ」から「ジオウ」まで平成ライダーが勢ぞろいする | 「ジオウ&ビルド」製作委員会 [c]石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

2000年に放送開始となった「仮面ライダークウガ」から現在放送中の「仮面ライダージオウ」までシリーズ20作品の集大成とも言える本作。これまで映画オリジナルキャラクターや、ポスタービジュアルといった情報は解禁されてきたが、本編からの映像はこの予告が初めて。

映像では、冒頭から燃え上がる炎をバックに20人の仮面ライダーが佇んでいるという、最後を象徴するようなものとなっているが、突如、「仮面ライダーはテレビの中の絵空事…」というセリフにより、平成仮面ライダーたちが、自身たちが虚構の存在であると突きつけられる展開に。

さらに追い討ちをかけるかのように、スーパータイムジャッカーのティード(大東駿介)が「平成ライダーの歴史が終わりを告げる」と宣言し、消えゆくジオウやビルド。すると、これまでの平成ライダーの映像とともに「君の心から仮面ライダーは消えてしまうのか…」と観るものに問いかけてくるといった、平成ライダーを愛する人たちに対するメッセージのようなものになっている。

【写真を見る】『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』の予告が衝撃… | 「ジオウ&ビルド」製作委員会 [c]石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

シリーズ最後の作品でしかできない、メタ的な構造となっている本作。人々の心に宿るライダーとの数々の思い出までもが、強敵ティードによって消されてしまうのか?あまりに衝撃的な予告に、その行く末が早くも気になって仕方がない!

文/トライワークス

関連映画

関連映画ニュース

「ジオウ&ビルド」製作委員会 [c]石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映| [c]2019東映まんがまつり製作委員会 [c]トロル・ポプラ社/おしりたんてい製作委員会| [c]2018 Disney. All Rights Reserved.| [c]2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会| [c]2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映| 撮影/黒羽政士| 高木ユーナ/小学館 [c]2018「劇場版 ドルメンX」製作委員会 | 劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 [c]石森プロ・東映| [c]2018石森プロ・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映