• NEWS

世界よ、これが埼玉だ…『翔んで埼玉』予告編は突っ込みどころ満載!

2018年11月12日 11:00

まさかの実写化が、ガチすぎるッ! | [c]2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

魔夜峰央の「翔んで埼玉」がW主演に二階堂ふみ、GACKTを迎えて実写映画化され、19年2月22日(金)に公開される。このたび、ポスター画像と予告が解禁となった。

本作は、東京屈指の名門校・白鵬堂学院を舞台に、生徒会長・壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)が、東京と埼玉、そして千葉までも巻き込んだ抗争に巻き込まれていくさまを描くエンタテインメント大作。実写映画化のニュースを皮切りに、伊勢谷友介、京本政樹といった濃厚すぎる追加キャスト情報の解禁などが発表されるたび、大きな反響を得てきた。

今回解禁されたポスタービジュアルは、有名絵画を彷彿させる“革命”がテーマの一枚。よく見ると意外なゆるキャラが隠れているなど、突っ込みどころも満載なポスターに仕上がっている。

一方、予告編は冒頭から「世界よ、これが埼玉だ」と、有名作をパロディにしたコピーで始まる。はなわが歌う「埼玉県のうた」が主題歌に起用された予告では、東京から虐げられ、出入りするには通行手形が必要、さらには、SAT(Saitama Attack Team)という、不正入都した埼玉県人を処罰する特殊部隊が目を光らせているという、本作の描く“埼玉”の姿が明かされる。

そんな埼玉の解放を企てる“埼玉解放戦線”のリーダー、埼玉デューク役を京本政樹が熱演。それに対立するのは、伊勢谷友介演じる阿久津が率いる千葉解放戦線。埼玉と千葉、果たしてどちらの県が通行手形を撤廃できるのか…。

そして、物語を彩る豪華キャストの姿も。中尾彬、武田久美子、麿赤兒、竹中直人、益若つばさ、間宮祥太朗、加藤諒、ブラザートム、麻生久美子、島崎遥香、成田凌…と、主役級から個性派まで、まさにオールスターといった風情。

原作では未完であった物語が、映画では東京との地域格差、埼玉・千葉の“永遠のライバルの抗争”という要素がプラスされ、さらには神奈川、群馬、栃木、茨城ほか関東一帯を巻き込んで、東京を頂点とした壮大なスケールの下剋上合戦が繰り広げられる…はずだ。

まだまだ油断できない『翔んで埼玉』だが、完成した映画には一体何人の著名人が登場するのか、今後も見守っていきたい。

文/編集部

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019映画「翔んで埼玉」製作委員会| [c] 2019映画「翔んで埼玉」製作委員会| [c]魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会2019| [c]魔夜峰央『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』/宝島社