• INTERVIEW

趣里「過去があっていまがある」挫折も糧となった飛躍の1年を語る

2018年11月07日 7:30

難役にトライした18年、実力派女優として確かな存在感を残した趣里

18年、鮮烈な印象を残した女優の一人と言える趣里。TBSドラマ「ブラックペアン」のクールな看護師“ねこちゃん”こと猫田役も話題となった彼女が、映画『生きてるだけで、愛。』(11月9日公開)では、鬱が招く過眠症で引きこもり状態のヒロイン・寧子(やすこ)を演じた。寧子のもがきを大胆かつ繊細に表現し、難役を演じきったいま、趣里は「過去の挫折があったからこそ、演じることができた役。過去の自分と向き合うことはつらいことでもあるけれど、そのすべてがいまに繋がっているんだと思うと“諦めちゃいけないんだ”と感じることができました」とまぶしいほどの充実した表情を見せる。過去の挫折、そして飛躍の年となった18年について胸の内を明かしてもらった。

身も心もさらけだす難役「絶対にやりたいと思った」

原作は、劇作家・小説家の本谷が06年に発表した同名小説。メンタルに問題を抱え、バイトも満足に続かない寧子は、敷きっぱなしの布団の上で寝てばかり。同棲中の津奈木(菅田将暉)に理不尽な感情をぶつけながらも、わかってほしいと願うなど、自身をコントロールできない寧子の葛藤を赤裸々に描く物語だ。

ヒロインの恋人役を菅田将暉が演じている | [c]2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

まっすぐすぎるがゆえにエキセントリックな言動に走ってしまう寧子は、とんでもなく面倒臭い女に見えながらも、どこか共感を呼ぶような女性。趣里自身も「共感できるところがあった」そうで、「自分自身のことも客観的にわかっていながら、自分を変えることができない。それでも明日に向けてがんばろうとするところなど、すごく共感できて。他人事とは思えない気がしました」と脚本を読み、大きく心を揺さぶられたそう。

とはいえ怒り、泣き、叫ぶなど、身も心もさらけだす必要のある難役。飛び込むには覚悟も要するような役だが、「絶対にやりたいと思った」と力強く語る。「寧子役を通して、“自分がなぜお芝居をやっているのか?”という根本に立ち返ることができると思いました。私はこれまで、“エンタテインメントに救われた”と思うことが何度かありました。だからこそ“自分が関わる作品でエンタテインメントの持つ力を感じていただけたら”との思いで、お芝居をやっています」と女優としての原動力を明かし、「寧子のもがきを表現するためには、自分の過去のつらかった経験とも向き合わないといけない。それは苦しいことになるなとは思いつつも、逃げてはいけないと思ったんです」と情熱と共に決心したという。

バレエを怪我で断念…過去の挫折も「すべてがいまにつながっている。諦めちゃいけない」

「人生って、みんな大変ですものね」と微笑みながら、「私にも思い出したくない感情や、しまっておきたい過去があって」というように、趣里が「過去の挫折」と話すのが、4歳からはじめたバレリーナへの夢を怪我で断念した経験だ。英国留学も果たし、バレエ漬けの生活を送っていただけに「一瞬にして夢がなくなってしまった」と目の前が真っ暗になってしまったとか。「一番つらかった時に岩松了さんの舞台を見て、お芝居の力ってすばらしいと思ったのが、このお仕事を目指したきっかけです」。

しかし、そのもがき自体も活かせるのが女優という仕事だ。「自分の体のことは自分が一番よくわかっているから、“もう無理だな”と思いながらもがんばろうとしている当時の自分が、すごく寧子と重なったんです。だからこそ、こんなにも寧子に惹かれたのかなと思います。役作りの過程では、寧子と共に過去の自分とも向き合えました。次に進むためにも、きちんと向き合えてよかったなと思っています」とキッパリ。「当時は本当につらかったけれど、すべてがいまに繋がっているんだと思うと、寧子を通して“諦めちゃいけないんだ”と感じることができました。いま考えると必要なことだったんだなって思えました」とさらに前進する力をもらった。

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会| [c]2012 映画「東京無印女子物語」partners