宮野真守&櫻井孝宏がゴジラをよしよし!「僕らにしかできないエンタテインメント」と自信 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2018/11/3 15:33

宮野真守&櫻井孝宏がゴジラをよしよし!「僕らにしかできないエンタテインメント」と自信

第31回東京国際映画祭クロージング作品『GODZILLA 星を喰う者』のワールド・プレミア上映が11月3日に東京国際フォーラムで開催され、声優の宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜、上田麗奈、小澤亜李、静野孔文監督、瀬下寛之監督、主題歌を担当したXAIが舞台挨拶に出席。ゴジラもステージに登場し、宮野と櫻井が大喜びで触れ合った。

本作は、ゴジラ映画初のアニメーション作品として製作された劇場三部作の完結編。二万年後の地球を舞台に、ゴジラとそれに抗う人類の物語を描く。最終章は、超科学が生み出した“メカゴジラシティ”をも焼き尽くし、地上の覇者となった究極の生命体“ゴジラ・アース”と高次元怪獣“ギドラ”の対決シーンも見どころだ。クロージング作品に選ばれたことに、主人公のハルオを演じた宮野は「光栄です」と感無量の面持ちで「世界の皆さんに観ていただきたい映画」と世界へ向けてアピールした。

劇場三部作がついに最終章を迎え「完結いたします。これが僕たちが見せたかった今回の映画の答え。想いを込めて作ったので、皆さんに観ていただけるこの瞬間がとても幸せ」と喜びを噛みしめた宮野。ゴジラに立ち向かっていく人類と異種族の共存という大きなテーマがありながらも、「最終章を観ていただいた時に感じるのは、どうしようもない世界で“一人の男がどう生きたか”という男らしいストーリー。一人の男が生きた道のりを感じてほしい」とハルオの生き様を見届けてほしいと訴えていた。

また宗教種族のメトフィエス役の櫻井は「ハルオとメトフィエスの関係に、どう決着がつくのかを楽しみにしてくださっていると思う。そこも注目」とコメント。映画祭のレッドカーペットをゴジラと歩く経験もし、「ゴジラってムービースターなんだと改めて思った。全世界の人が知っている。声優というお仕事に就いて、アニメーションのゴジラに出演させていただいて光栄」と感激の想いを語っていた。

1954年の11月3日に『ゴジラ』第1作が公開されたことから、11月3日は“ゴジラの日”として認定されている。スペシャルな日とあって、XAIが主題歌を生披露しただけでなく、ゴジラもステージに登壇。宮野も櫻井もゴジラの頭を「よーしよしよし」となでたり、お腹を触ったりと大はしゃぎ。宮野は「暴れん坊ですね!感動!みんな大好きだよ」と語りかけるなどゴジラの振る舞いに大興奮で、櫻井も「ゴジラの横に立てるなんて」と笑顔。最後には宮野が「日本が誇るゴジラ、日本が誇るアニメーション。この融合は僕らにしかできないエンタテインメント」と力強く語り、舞台挨拶を締めくくった。

取材・文/成田 おり枝

関連作品

関連記事