• EVENT

斎藤工、チキンスープに涙した思い出「あの味は忘れられない」

2018年11月01日 18:00

斎藤工、食の思い出を明かす!

第31回東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門特別上映作品『家族のレシピ』のトークセッションが11月1日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、エリック・クー監督と斎藤工が登壇。斎藤が、撮影最終日に監督の作ってくれたチキンスープの温かさに涙したことを明かした。

本作は、シンガポールと日本の外交関係樹立50周年を機に製作された、鬼才・エリック・クー監督の最新作。ラーメン店を営む主人公・真人(斎藤)が家族を取り戻すための旅に出る物語で、シンガポールのソウルフードであるバクテーと日本のラーメンを軸に、2国間を繋ぐ家族の姿が映し出だされる。

斎藤は「大ファンだった」ともともとクー監督のファンだったそうで、「日本人のキャストを探していると聞いて、通行人でもいいので出たいと思い、オーディションに参加させてもらった」と念願叶っての出演とのこと。「エリック・クーの魔法にかかって、俳優として新しい扉を開いた体験をしました」と撮影も充実のものとなったという。

撮影最終日には「エリックがチキンスープを作ってきてくれた」そうで、「監督業をやるだけでも、手が何本あっても足りないくらい大変ななか、煮込みスープという手間のかかるものを作ってきてくれた」と感謝しきり。「めちゃめちゃおいしかった」と目尻を下げた斎藤だが、「おいしさ以上に、彼が仕込んでいる時間や見えない気持ちみたいなものが、グーっと僕のなかに入ってきた。涙を流しましたね」とその温かさに涙したことも告白。「あのスープの味は忘れられない」としみじみ語っていた。

また、この日は観客からの質問にも答えた。自身にとっての“家族のレシピ”を聞かれると、斎藤は「印象深いのは父が作った麻婆豆腐」とニッコリ。父は辛党だそうで、「山椒が日に日に加算されていった。ある日食べた麻婆豆腐で、(辛さで)麻酔銃を打たれたくらいに口が麻痺しちゃって。噛む感覚もないくらいに、山椒が効いていた」と明かして、会場も大爆笑。「危機的な家族のレシピ」と表現し、「山椒と胡椒の上に豆腐がやや乗っているくらいの割合」と続けると、さらなる笑いが起きていた。

質問者に「すごくいい質問ですね」と感心したり、「劇中の食事を見てお腹が空いた」との感想が上がると、「このあたりは美味しいお店が多いので、お腹を満たして帰ってください」と語りかけるなど、観客と一緒にトークを楽しんだ斎藤。そのジェントルな対応に会場も大盛り上がりだった。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019「麻雀放浪記2020」製作委員会