新たな魔法動物の姿もお目見え!『ファンタビ』最新作のスポット映像を独占入手 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2018/10/31 6:00

新たな魔法動物の姿もお目見え!『ファンタビ』最新作のスポット映像を独占入手

「ハリー・ポッター」シリーズから連なるJ.K.ローリングの“魔法ワールド”最新作となる『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11月23日(水・祝)から日本公開される。エディ・レッドメインやジュード・ロウをはじめとしたメインキャストが揃って来日することも決定し、大きな話題となっている本作からこのたび3種類のスポット映像を独占入手した。

本作では、魔法動物を愛する主人公ニュートがホグワーツ魔法学校の恩師であるダンブルドア先生に託されて、魔法界と人間界を脅かす“黒い魔法使い”グリンデルバルドを追ってパリへと向かう。そこでニュートは、言葉巧みに賛同者を増やして勢力を広げているグリンデルバルドのある計画を知り、ユニークな魔法動物たちや仲間たちとともに立ち向かっていく。

今回到着した映像には本シリーズの魅力が盛りだくさん。前作でもニュートと冒険を繰り広げたボウトラックルのピケットや、キラキラしたものを集めるのが大好きなお騒がせ者ニフラーはもちろんのこと、本作で新たに登場するベビーニフラーや水中を駆け抜けるケルピー、そして中国に生息していたといわれる巨大な猫のような姿をしたズーウーの姿がお目見え。

さらに本作の舞台となるホグワーツ魔法学校やパリの光景、「ハリー・ポッター」シリーズでおなじみのポートキーに屋敷しもべ妖精の姿など、これまでのシリーズファン必見のリンクも随所に収められており、どんどん広がっていく魔法世界への期待はふくらむばかり。この映像は3種類とも日本語吹替え版で制作されており、ニュートの声を演じるのは前作に引き続き宮野真守。またしてもイケメンボイスの虜になること間違いなしだ。

すでに累計世界興収が9600億円を超える本シリーズ。前作以上にパワーアップした大迫力の映像と想像を上回るスペクタクルの数々で、世界中に最高の魔法をかけてくれることだろう。公開の瞬間を心して待ちたい!

文/久保田 和馬




関連作品

関連記事