• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 稲垣吾郎、東京国際映画祭レッドカーペット後に仲間とお酒「楽しい夜でした」
  • EVENT

稲垣吾郎、東京国際映画祭レッドカーペット後に仲間とお酒「楽しい夜でした」

2018年10月30日 20:45

稲垣吾郎、レッドカーペットを歩くのは「初めてだった」!

俳優の稲垣吾郎が10月30日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催された第31回東京国際映画祭のコンペティション部門作品『半世界』の舞台挨拶に登壇。先日、自身初のレッドカーペットを歩いた夜に、仲間と楽しいお酒を飲んだことを明かした。

本作は阪本監督による完全オリジナルストーリーで、40歳目前の人生半ばを迎えた男たちの視点を通して、「人生半ばに差し掛かった時、残りの人生をどう生きるか」という葛藤と新たな希望を描くヒューマンドラマ。舞台挨拶には阪本順治監督も出席した。

『半世界』というタイトルも印象深いが、阪本監督は、日中戦争の従軍カメラマンだった小石清の写真展の題名「半世界」からとったという。「勇ましい日本兵を撮らなければいけないのに、彼は路地裏にいるおじいさんや子ども、鳥や象ばかりを撮っていた。“名もなき人々の暮らしも一つの世界だ”という意味で『半世界』とつけたのかなと思った」と思いを巡らせ、「(本作では)小さな街が舞台。“小さな街から世界を見たらどうなんだ”というテーマに臨みました」と明かした。

稲垣は「プライベートも半世界、仕事の現場も一つの半世界という気がします」と口火を切り、「新しい世界という意味では、自分自身も環境が変わって、“新しい地図”という形で再スターをさせていただいた。そこが自分にとっての一つの世界、半世界なのかもしれません」と草なぎ剛、香取慎吾と共に歩む道のりを“半世界”と表現していた。

長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦との共演については「感激だった。ファンだった俳優さんたち。ご一緒させていただいたことが宝物」という稲垣。「三重県で2、3月と合宿のような形で撮影をしていた」というが、25日に行われた同映画祭のレッドカーペットイベントでは「久々に長谷川さん、渋川さん、池脇さんとお会いした。合宿をして、映画を作っていた3人とはまったく思えない感じがした」と華やかな場での再会となり、驚きもあった様子。

「レッドカーペットの後にご飯を食べに行けた」と笑顔をこぼし、「監督が連れて行ってくださった。あの仲間みんなでお酒を飲むことができて、すごく楽しい夜でした」と語っていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース