• EVENT

篠原涼子、久しぶりに共演した西島秀俊に「すごく色気がムンムン」

2018年10月29日 20:23

『人魚の眠る家』で共演した篠原涼子と西島秀俊

東野圭吾の同名小説を、篠原涼子主演で映画化した『人魚の眠る家』(11月16日公開)が、第31回東京国際映画祭の新設部門「GALAスクリーニング」として10月29日にTOHOシネマズ六本木ヒルズでワールドプレミア上映される。その舞台挨拶に、篠原、西島秀俊、 坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中泯、堤幸彦監督の7名がゲストとして登壇した。篠原が西島について「深みが増して、ますますダンディになって、すごく色気がムンムンで」と言うと、会場が色めき立った。

西島との共演は3度目になるという篠原は「お互いが家族をもって、初めての共演となり、母親とか父親とかについていろいろと話をしました。すごく考えさせられるものがありましたよね?」と西島に目を向けると、西島も「はい」と答えた。

西島は久しぶりの共演となった篠原について「実人生で積み重ねてきた演技の重み、深さを感じました。きっと篠原さん、実人生ごと役に向かっていったのかなと、個人的には感じています」と彼女の熱演を称賛した。

また、篠原が子役たちについて「カットOKになると、動きたくなっちゃって。動くと本当に可愛らしい。西島くんも面倒見がいいので、ずっと遊んでいました」と言うと、西島も「すばらしかったです。特に(稲垣)来泉ちゃんは天才肌らしくて、台詞合わせもしない。最初に演技を始めた時は、驚いてどよめきました」と子役を称えた。

坂口も、篠原や西島が子役たちと接する様子を微笑ましく眺めていたそう。「本当に実の親のように、いっしょにはしゃいだり、ダンスをしたりされてて、それを見ているのが楽しくて。気持ちが和やかになりました」と言ったあと「僕も西島さんになついてました」と言って笑いを取った。

『人魚の眠る家』は、篠原涼子と西島秀俊が映画初共演で夫婦役に挑む、衝撃と感涙のヒューマンミステリー。「GALAスクリーニング」は、オープニング・クロージング作品に並ぶ新設部門で、本作を観た久松猛朗フェスティバル・ディレクターの熱烈オファーにより実現した。

山崎 伸子

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018「人魚の眠る家」製作委員会| [c]2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会| [c]今野敏/[c]2019 映画「任俠学園」製作委員会| [c]かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ| [c]2018「人魚の眠る家」 製作委員会| [c]2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC