• EVENT

役所広司の魅力を『CURE』の黒沢清監督が語る「未知の領域を作り出すスター」

2018年10月27日 17:31

『CURE』のティーチインに登壇した役所広司と黒沢清監督

第31回東京国際映画祭「Japan Now」部門の特集企画「映画俳優 役所広司」で、役所の主演映画『CURE』(97)が10月27日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、役所と黒沢清監督がティーチインに登壇。当時の制作秘話を明かした。

役所は本作に出演した経緯を「ちょうど前の年に『Shall we ダンス?』(96)が公開されましたが、周防(正行)監督が(以前に)黒沢監督の助監督をやってらっしゃったので、陣中見舞いに来られて。すごい監督がいるというのは噂でも知ってましたし、黒沢監督の作品は数本観ていました。当時、本作のタイトルは『伝道師』でしたが、台本を読ませていただき『ぜひ参加させてください』ということになりました」と語った。

黒沢監督は「なんでもいいから役所さんとやりたかった」とのこと。「役所さんは当時すでにスターで、お客さんが来る売れっ子俳優であるにも関わらず、出てきた瞬間、何者なのかはっきりしない。良い者か悪い者か、気が弱いのか強いのか?と。こんなに未知の領域を作り出すスターは、当時もいまもいないんじゃないかと。役所さんの未知な感じが、『CURE』の主人公にぴったりだと思いました」と語った。

役所は「未知と言えば、監督の台本も未知で。『どういう気持ちでこうなるんですかね?』とよく聞いてました。監督も答えを教えてくれないので」と苦笑い。

また、早撮りで知られる黒沢監督は、基本的に1シーン1カットで撮っていくそうで「テストを重ねないで、緊張感のある時に行きたい」と言うと、役所は「長いシーンをやる時は本当にしびれますよね」と笑った。

また、黒沢監督は、本作のタイトルを『伝道師』から『CURE』に変更した理由を語った。「僕が言い出したわけではなく、当時の大映のプロデューサーから『CURE』とかいいんじゃないか?と言われて。『伝道師』では宗教的な意味合いがあり、1990年代の初めごろはオウム真理教の事件とかがあって、タイトルから宗教的な犯罪に感じられると誤解を受けそうだということで“治療(CURE)”に。もう少し医学的な感じになりました」。

第31回東京国際映画祭は、10月25日から11月3日(土・祝)の10日間にわたり、六本木ヒルズをメイン会場に、EXシアター六本木、東京ミッドタウン日比谷、東京国際フォーラム、神楽座などで開催中。

取材・文/山崎 伸子

関連映画

関連映画ニュース

[c] 2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO| [c]2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO| [c]2019「旅のおわり、世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO| [c]2018「孤狼の血」製作委員会