• GOSSIP

大胆スリットのメーガン妃、太もも見せのサマードレスにくぎ付け!

2018年10月28日 21:15

メーガン妃が大胆すぎるサマードレス? | 写真:SPLASH/アフロ

オセアニアを歴訪中のヘンリー王子とメーガン妃夫妻は22日、リゾートアイランドとして名高いフレーザー島を訪問。世界遺産に登録されている風光明媚な島を歩き、つかの間のハネムーン気分を味わったようだ。

今月30日までの16日間のツアー中、76もの公務をこなす予定だったヘンリー王子夫妻だが、妊娠中のメーガン妃は公務の件数を減らすことが発表されたばかりだ。22日の公務にはヘンリー王子が単独で赴き、先住民の人々による歓迎の儀式に出席。英連邦国に向けた森林保護活動、「クイーンズ・コモンウェルス・キャノピー」についてのスピーチも行った。

公務終了後のヘンリー王子は、島内のキングフィッシャー・ベイでメーガン妃と合流。手を取り合って歩きながら、くつろいだ雰囲気で島民たちと会話を交わしていたが、人々の視線が集中したのはメーガン妃のファッションの方だったようだ。

メーガン妃が着用していたのは、エコ・フレンドリーなアメリカン・ブランド、リフォメーションのサマードレス。太ももの付け根近くまで入った大胆なスリットが目を引くドレスで、かなりきわどいところまで生脚が露出するデザインだ。歩いたりしゃがんだりするたびに太ももの上の方まで露わになり、下着が見えてしまうのでは?とハラハラするほど。上半身の方もキャミソールタイプで、肌見せ度はかなり高めの印象だ。

オフィシャルな場ではなかったものの、一般のネットユーザーからは、「プライベート休暇じゃないんだから…」「ロイヤルツアーにふさわしくない服!」との批判が殺到。しかし服装よりも非難の声が多かったのは、リゾートウェアに身を包んだメーガン妃が、頻繁にお腹に手を当てる仕草をしていたことだった。「公務を休んで楽しんでいる」と思われないよう、妊娠をアピールする意図があったのかもしれないが、「出ていないお腹をあんなに触らなくても…」「また注目を集めようとしている」などの余計な批判を浴びることに。共感を呼ぶはずの動作が、思いがけず裏目に出てしまったようだ。

UK在住/シャオ

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ