• NEWS

Perfumeが映画『グリンチ』日本版イメージソングに!ハリウッド本社も太鼓判

2018年10月19日 19:26

キュートでポップなアニメーションとPerfumeがコラボ⁉

『怪盗グルーの月泥棒3D』(10)を皮切りに『怪盗グルーのミニオン危機一発』(13)、『ミニオンズ』(15)、『怪盗グルーのミニオン大脱走』(17)と、世界的なメガヒットキャラクター“ミニオン”を生みだしたイルミネーション・エンターテインメント。そんなイルミネーションが手掛ける最新作『グリンチ』(12月14日公開)の日本版イメージソングに、Perfumeの楽曲が起用されることが決定した。

世界的絵本作家ドクター・スースの名作「グリンチ」は、アメリカではサンタクロースに並ぶ“クリスマスの代名詞”ともなっている国民的キャラクター。可愛らしい幼少期を過ごしながらも、すっかりひねくれものに成長し洞窟で孤独に暮らすグリンチは、村人たちが楽しみにしているクリスマスを盗むという、とんでもない計画を立てる。

日本版イメージソングに決定したのは、Perfumeの最新アルバム「Future Pop」に収録されている「Tiny Baby」という楽曲。今回の起用に関して配給の東宝東和は、「本国から“日本を代表するアーティスト”の提案を求められ、世界中で活躍しファンも多いPerfumeを提案しました。Perfumeからも快く承諾いただき、グリンチのキュートでポップな世界観と曲のイメージがマッチした”Tiny Baby”をご提供いただいた」と決定の経緯を明かした。

Perfumeは今回のオファーについて「グリンチの日本版イメージソングに選んでいただけて、とてもうれしいです!ありがとうございます!!」と喜びの様子で、「グリンチの意地悪なんだけどどこかに優しさが見え隠れする憎めない可愛さにキュンキュンしながら、最後に私たちの音楽を楽しんでもらえたらなと思います♪」と映画に絡めたコメントを寄せた。

グリンチの声を務める大泉洋や、共演するロバートの秋山が「作品に対するこだわりがとても強い」ことをひたすらに意識したというほどの“本国”が、太鼓判を押して実現した今回のコラボレーション。ますますの盛り上がりを見せてきた本作では、映画にマッチした楽曲も存分に堪能できそう。

文/編集部



「グリンチがムビチケポイントばらまいちゃった!キャンペーン」サイトはこちら!
https://mvtk.jp/campaign/grinch

<注意事項>
※本キャンペーンは、ログインして『グリンチ』のムビチケオンライン券を同時に2枚以上購入したムビチケ会員が対象です。
※ポイント加算時点でムビチケ会員を退会している場合、同時に2枚以上購入していない場合、購入後のムビチケ会員登録およびログインせずに購入した場合は本キャンペーン対象外です。
※本キャンペーンの参加に、エントリーは不要です。

関連映画

関連映画ニュース

[c]UNIVERSAL PICTURES| [c]2018 UNIVERSAL STUDIOS| [c]2017 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED| [c]2014 Universal Pictures.| [c]2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED| [c]2010 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.| [c] 2018 UNIVERSAL STUDIOS