• NEWS

シルヴェスター・スタローン最新作『エクスペンダブルズ』全米初登場1位!

2010年8月18日 13:06

シルヴェスター・スタローン最新作『エクスペンダブルズ』全米初登場1位を獲得
シルヴェスター・スタローン最新作『エクスペンダブルズ』全米初登場1位を獲得[C]2010 ALTA VISTA PRODUCTIONS,INC

シルヴェスター・スタローンが監督、脚本そして主演の3役をこなした最新作映画『エクスペンダブルズ』(日本10月16日公開)が8月13日より全米で公開され、全米興行収入ランキング初登場1位を記録した。さらにこれまでスタローンが監督、主演した作品のオープニング・ウィークエンドの興行記録を塗り替え、8月13日から15日までの3日間で、3503万ドル(約30億円・3270館)のオープニング興行収入を記録している。2位の、こちらも初登場のジュリア・ロバーツ主演『食べて、祈って、恋をして』(日本9月17日公開)が2310万ドルだったので、1000万ドル以上の大差をつけての首位となった。

『エクスペンダブルズ』とは“消耗品軍団”の意味で、法外な報酬でのみ行動し、死んでもその事実が世間に知られることはない、文字通り使い捨ての傭兵軍団のこと。本作ではそんな『エクスペンダブルズ』に史上最も困難な依頼が入る。

本作について、スタローンは「今年で映画界でのキャリアは40年目になるが、ファンの目に映る俺の姿はシルヴェスター・スタローンではなく、ロッキーやランボーなんだ。これが俳優としての俺の宿命だと思う。今回『エクスペンダブルズ』のバーニーというキャラクターが加わることになれば」とコメント。また、この大ヒットを受けて、スケジュールの都合で映画に出演できなかったジャン・クロード・バンダムと「だから出演すればよかったのに!」などと会話したことを語っている。

映画界でのキャリア40年を迎えたスタローン。ランボー、ロッキーに次ぐ、バーニーという新たなキャラクターも誕生し、記念すべき作品となった映画『エクスペンダブルズ』。スタローン以外にも、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリス(特別出演)、アーノルド・シュワルツェネッガー(カメオ出演)など、豪華アクションスターの共演が見られるので、日本公開の10月16日(土)まで楽しみに待ってもらいたい。【MovieWalker】

関連映画

関連映画ニュース