• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • あの伝説のボーカルが現代に蘇る!『ボヘミアン・ラプソディ』メイキング映像&レディー・ガガらコメントが到着
  • NEWS

あの伝説のボーカルが現代に蘇る!『ボヘミアン・ラプソディ』メイキング映像&レディー・ガガらコメントが到着

2018年10月4日 8:00

史上最高のエンターテイナー、フレディ・マーキュリーが蘇る | [c]2018 Twentieth Century Fox

日本でも誰もが耳にしたことのある伝説のロックバンド“クイーン”。ボーカルを務めた史上最高のエンターテイナー、フレディ・マーキュリーは1991年に惜しくもこの世を去ったものの、いまもなお世界中を魅了し続ける。そんなフレディの姿を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』(11月9日公開)から、主演ラミ・マレックがフレディを蘇らせた、ファン必見のメイキング映像が到着した。

ラミはプロデューサーからの1本の電話で、誰もが知る伝説のボーカル、フレディ・マーキュリー役に自分の名前が挙がっていることを初めて知った。プロデューサーは「彼こそフレディ・マーキュリーだと思ったよ。彼(ラミ)はフレディを演じているのではなく、生きているんだ。」と今回の抜擢について語っている。

世界中の人々が知っている存在を演じることは、ラミにとって大変なプレッシャーだったというが、「責任重大だけどどうしても演じたい役だったから、オーディションに挑んだんだ。ただ真似て、似せるだけ、ということはしたくなかった。彼が何を思い、どうしてその行動をしたのか、理解するんだ」と語る。

フレディを現代に復活させるにあたり、一流の振付師たちからパフォーマンスを教わったが、他にも、「ムーブメントコーチ」たちが大活躍したという。フレディの「目の動き」や、「振り返り方」、「マイクのひねり方」など、細部にまでこだわり、時間をかけて彼の癖を再現した。「ラミの動き、話し方、どれをとってもまさにフレディに見えた。魔法のようだったわ」「ラミは時間があればフレディの動きを練習していたよ。彼は他の誰も見ることの出来なかったフレディの本当の人情味まで見つけられていたのだと思うよ」と、共演者のルーシー・ボイントン、グリウィム・リーらも語る。

映画内の華やかなステージコスチュームの数々は、衣装合わせにおよそ50時間かけ、厚底ヒールからタイトな衣装まで、入念に合わせたという。さらに今回の映像ではウィ・ウィル・ロック・ユーのステージシーンやメイキング映像、そして20紀最大の音楽イベント”ライヴ・エイド”の一部もお披露目されている。

あわせて、レディー・ガガやケイティ・ペリーなど、名だたる世界のセレブリティたちがフレディ・マーキュリーやクイーンの凄さを語ったコメントも到着。なぜ多くの人が彼らの生み出す音楽に熱狂し、今なお伝説のバンドとして世界のトップに居続けることができるのか、コメントの一端から知ることができるだろう。

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018 Twentieth Century Fox| [c]2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.| [c]2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC| 写真:SPLASH/アフロ