• NEWS

BoAやイ・ビョンホンら韓流スターがハリウッドで抜擢される理由とは?

2010年8月17日 15:00

2000年、韓国での歌手デビュー以来、初の女優業に挑むBoA

昨年、全米デビューを果たした人気女性アーティストのBoA。デビュー10周年を迎えた彼女が、先日、ハリウッド映画のヒロインに抜擢され、女優デビューを飾ることが明らかになった。

BoAが出演するのは『ステップ・アップ』(06)や『セイブ・ザ・ラストダンス』(01)の執筆を手がけたデュエイン・アドラーが脚本&監督を務める、ニューヨークを舞台にしたダンス映画。脚本も最初からBoAをヒロインに想定し、当て書きされたというだけに、彼女のパワフルなダンスシーンもふんだんに盛り込まれるとか。

そんなBoAをはじめ、ここ数年で韓国のスターたちのハリウッド進出が激増している。たとえば、続編も製作予定にある『G.I.ジョー』(09)のイ・ビョンホン、ウォシャウスキー兄弟による『スピード・レーサー』(08)や『ニンジャ・アサシン』(09)のRain、世界公開を控える『The Warrior’s Way』(10)のチャン・ドンゴン、人気シリーズ最新作『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(09)のダニエル・ヘニーなどだ。

彼らのハリウッドでの活躍が顕著であるのには理由がある。それは、彼らの実力が買われたのはもちろん、アジア地域の中でも韓国は映画の観客動員数が増加傾向にあり、ハリウッドにとって“韓国は重要なマーケット”としてとらえられているからだ。実際に、北米で初登場1位を記録した『G.I.ジョー』は、北米を除く35ヶ国のうち、韓国での興行収入が最も高かったとか。自国の俳優が出演しているともなれば、劇場へ足を運ぶ観客がより増え、絶大な経済効果をもたらすと言っても過言ではないようだ。

昨年の全米デビューシングル「Eat You Up」がビルボードチャートでビヨンセを抑え、8位にランキングされるなどアメリカでの知名度もあるBoA。映画界でもハリウッドの期待を背負い、快進撃を見せてほしい。【トライワークス】

■WOO WEEKEND(発売中)
価格:1,050円
発売元:avex trax

■BoA LIVE TOUR 2010 IDENTITY(8月18日発売)
価格:4,800円
発売元:avex trax

■G.I.ジョー(発売中)
価格:2,625円
発売・販売元:パラマウント ジャパン

■スピード・レーサー(発売中)
価格:1,500円
発売・販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

関連映画ニュース

[c] 2008 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.| [c]2008 Warner Bros Inc. All Rights Reserved.| [C]2011 CJ E&M CORPORATION & SK TELECOM.ALL RIGHTS RESERVED| [c]CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved| [c]2010 ALL RIGHTS RESERVED BY REALLEIS PICTURES CO.LTD| [c]2009 TAEWON ENTERTAINMENT. All Rights Reserved.| [c]Mnet Media| [c]2009 PANCINEMA Corp., Zonbo Media All Rights Reserved.| [c]2008 BIDANGIL PICTURES, SHOWBOX/MEDIAPLEX ALL RIGHTS RESERVED.