• TOP
  • ニュース
  • 11月公開ハリー・ポッター最終章公開までの時を刻む時計台が全国5都市に出現!
  • NEWS

11月公開ハリー・ポッター最終章公開までの時を刻む時計台が全国5都市に出現!

2010年8月11日 12:54

早朝イベントにも関わらず、会場には様々なキャラクターに扮したポッタリアンが来場した
早朝イベントにも関わらず、会場には様々なキャラクターに扮したポッタリアンが来場した

ハリー・ポッターシリーズ第7章最終章となる『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(11月19日公開)の公開まで後100日目となった8月11日、東京、大阪、札幌、名古屋、福岡の5大都市でファイナル・カウントダウンイベントが行われた。

東京会場の新宿ピカデリーでは、100日にちなみ100人のハリー・ポッターファンを招待。公開までの時を刻む時計台が設置され、これまでの『ハリー・ポッター』過去6作のダイジェスト映像や、最新作の予告を上映した。さらには出演者のメッセージ映像も映し出され、ダニエル・ラドクリフは「10年間、ハリー・ポッターと共に自分が成長したことを実感しています。映画史上最高のファンタジー作品に参加できたことを言葉では表現できないほど光栄に感じています」と、最終作を迎える今の気持ちを語った。また、エマ・ワトソン、ルパート・グリントも「10年経ったこと、クライマックスを迎えることが信じられない」とそれぞれ心境を述べた。

会場には同シリーズのキャラクターのコスプレをしたポッタリアンと呼ばれるファンも来場した。「終わってしまうのは悲しい。けど最後まで見届けたい」と話し、「終わってもコスプレは続けます!」と意気込んだ。

最終章は2部構成で、PART2は11年の夏に公開予定。さらに3D公開となっており、臨場感あふれる作品に仕上がっている。【MovieWalker】

※公開までの時を刻む時計台は全国5ヶ所の映画館に設置
【東京】新宿ピカデリー
【大阪】なんばパークスシネマ
【名古屋】ミッドランドスクエアシネマ
【福岡】ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
【札幌】札幌シネマフロンティア

関連映画

関連映画ニュース